そもそも画数が運勢の全てを表すわけではありません。

画数というのは姓名判断の一部であり全てではないのです。

画数の中では24画や31画は大吉ですが、姓名判断の他の要素が凶であるなら、総合的に大吉にはならず、さらに生年月日との組み合わせの五行が悪ければ、例え24画や31画でも大凶になることすらあるのです。

この全てを総合的に鑑定し、印鑑に組み込むのが本当の印相による開運法となります。