巷の占い師の常套手段はいつも決まっています。

ほんと単純です。お客さんは自分だけに言われたことしか知りませんが、全員に同じことを言っているのです。

「24画にしましょう。31画で結婚運をあげましょう。」と。うちに来るお客様が全部教えてくれるので私は知っていますが、結局は皆そんなレベルのことしか言っていないのです。

ところで何で皆24画と31画なのでしょうか?

24と31画に対する皆の評価が高すぎるのではないでしょうか?

確かにこれらの数はお金も家庭も愛情も美貌・才能まで円満な数字と言われています。

みんなそんな画数になりたいと思っているので、そこを付けば印鑑の購入に繋がると。これを利用して先出の決まり文句が流行ることとなっていったのです。

ところで24画や31画でも凶となることがあるのはご存知でしょうか?

(つづく。。)