開運印鑑とは名前ばかりのものが蔓延っています。

水晶は平成になってから盛んに売られるようになってきましたが、これは一言で言えば売上アップのための【新商品】戦略でしかありません。

そもそも印祖の文献にあれほど忌み嫌われた水晶がなぜ現代に吉材になり得るのでしょうか?

歴史的事実を踏まえればよく分かることです。このようなお店は既に要注意です。