印鑑屋を選ぶ際に盲点となるのが、取り扱い商材です。
一般のはんこ屋さんは柘のみが大吉なんて事実は知りませんので、たくさんの材質を用意しています。

しかしそれが既に本物の印相を分かっていない証拠となります。

印材の開運に当たる影響を考えた場合、真実を知っていれば他の素材は使えなくなるはずではないでしょうか?

何度も書いていますが、印相における最大吉の印材は国産の良質は柘のみです。