TAG

印相

女性用の実印②

続き。。。 フルネーム実印が男性用の彫り方だとすると、女性がフルネーム彫りをした場合に男っぽさが出てきてしまうのです。またそういう女性ほどフルネーム印を持ちたがる傾向もあります。 女性なのに男性用の彫り方をすると不自然が生じます。 姓名彫りの悪い点としては、強すぎる、傲慢で勝気、男性と折り合いが取れないために煙たが […]

文字本来の力

最近ではどこの印鑑屋さんでもネット通販を始めるようになってきました。それとともに全く誤った自称印相家も増え、ますます混乱を招いているのもまた事実です。 文字にはもともと力があります。それは画数でもあり発声する音そのものでもあります。 画数には新字体と旧字体の二つがありますが、これはどちらで書いても、またどちらで彫っ […]

文字について

印鑑に使用する文字は篆書体を印鑑用にアレンジした印相体と言われるものです。 この書体は現代の新字体とは異なり、全く読みづらいものも多々あります。 お客様から「ここはこうなる」「点がつく」「こっちが長い」等の指示がある場合もあるのですが、実際には彫刻する文字は新字体から完全に変化するものであり、それらの概念は当てはま […]

画数志向の過ち

過去何度にもわたり、画数だけに固執する過ちには書かせていますが、それでも当店に同じような質問が連日届きます。 巷の占い師は画数でしか判断ができないため、そこにこだわるのです。だから31画で印鑑を作ればいいとかで、もっともな意見を述べるのです。 しかし何度もいうように画数のみでは開運はしません。五行の組み合わせが悪け […]

画数の問題

画数はもっともメジャーな鑑定法ですが、画数はそもそも姓名判断の一部でしかありません。 ですのでこれだけで印鑑を作るとどうしても中途半端になってしまうのです。 日本全国の自称開運印鑑屋さんでは、ほとんど90%以上は画数のみでしか観ていないのが知られざる裏事情です。 姓名判断だけみても画数がよくても五行が悪ければ運勢は […]

増画法について

印相には増画法という秘伝がありますが、これは接点数を追加することによって新たな画数の意味を表す方法です。 ただしここで誤解してはいけないのが、その人の画数が完全に100%変わるという意味ではありません。当たり前のことですが、もって生まれた名前の画数が印鑑だけで完全に切り替わる訳ではないのは簡単に理解できることです。 […]

印相鑑定書

当店では全ての印鑑に印相鑑定書を発行しておりますが、たまに誤解されている方もおられるようですので、再度書かせて頂きます。 印相鑑定書とは、作成した印鑑が正しい印相によるものであることを証明するものでありますので、運勢鑑定書ではありません。まずここをご理解下さい。 また他のほとんどのお店ではスタッフが試し押しをし、鑑 […]

画数のみでは開運印鑑にはならない

巷の印鑑屋の一番の間違いは、姓名判断、しかも画数のみで作成を行っていることです。 よくあるパターンが、有名人の名前の画数を出して、「この方は22画で凶。これだとうまく行かなくなるから秘伝の増画法で31画にすると大吉になる。」等、画像による分かりやすい説明を受けると「そうなのかー」と信じてしまいがちです。 いかにも業 […]

強くしたい運について

当店ではご注文の際に、特にご希望があれば備考欄にご記入頂けるようになっています。 ご希望とは、いわゆる【強くしたい運】になりますが、愛情運や恋愛運、金運、といった内容でも構いませんし、人によっては長い文章で今までの人生から、このようになりたい、と具体的に書かれる方もおられます。記入方式は問いませんので、一番伝えやす […]

健康運について

当店の開運印鑑をご注文になる方で、よく健康運を希望されている方がいらっしゃいますので、本日は健康に関して書かせていただきます。 印相においての健康運がどのように働くかについてですが、印鑑は人の分魂であり、見えない霊線で繋がっているため、八方位に連動した健康の部位を強くすることによって、直接的霊的作用によって健康にな […]

開運隆昌!最高級の朱肉

前回、前々回と朱肉と開運の関係について書かせて頂きました。 要するに印鑑そのものだけでなく、捺印した印影も開運に大きく関わってくるのです。捺印するということは、幸運の波動を宿した大吉の分身を増やすことなのです。 安い素材を使用した安物朱肉の液体を、毎回印鑑にしみ込ませるのは印鑑にとってもよくありません。厳選された最 […]

印鑑は姓名判断ではありません

印鑑を姓名判断とイコールだと位置づける方が多く、いかに誤った情報が氾濫しているか、痛感させられます。 しかしそれも無理のないことです。インターネットで開運印鑑を検索すれば、出たサイトには必ず姓名判断で画数を変えて開運!等、もっともらしく書かれており、しかも1店ではなく、ほとんどでそう書かれているのですから。。。。 […]

印相鑑定士のプロフ

初めまして!【本家開運印鑑の殿堂】国際数霊印相学会の印相鑑定士・彫刻師である東休と申します。 売れるホームページの鉄則として、店長や印鑑の彫り師の顔を出す(写真を出す)というのが通販業界では当たり前になっておりますが、当店では敢えて行っておりません。 販売目的のための手法をわざとらしくしたくないというのは表向きの理 […]