TAG

印影

同じ印影にはならない

三文判のはんこというのは、全く同じ印影を機械で量産したものです。 これとは逆にオーダーメイドの印鑑は、一人一人に対して職人が手作りで作るものですから、同じものはほとんどできません。 また開運印鑑に関しては生年月日の要素も加わるため、更に違いが出てきます。 同じ職人が作っても、日によって感性が変わってきますし、日々上 […]

印影プレビューの盲点

何年か前から、普通のハンコ屋さんを中心に「印影の事前プレビューサービス」というのが始まりました。これは彫る前に、この印影で良いかどうか、お客様に確認するサービスです。 一見良いサービスに聞こえますが、ふと疑問がよぎります。 そもそも開運印鑑は篆書体という特殊な文字を起源にした印相体を使用します。これは現代文字とは違 […]

印影の状態で運気をはかる(続編)

印影の状態は、現在の運気を司ります。そしてこれは当然朱肉の影響も受けるものです。 ということは朱肉しだいでも運気に影響が出てしまう、ということでもあります。 印相の秘伝で朱肉を使った開運方法がありますので、ここで紹介させて頂きます。 それは良い朱肉を使用し、印影をくっきりと残す方法です。 シャチハタや文房具店で販売 […]

印影の状態で運気をはかる

皆さんが何気なく捺印し、書面に残す印影ですが、実はこの1つ1つの印影が現在の皆さんの状況を表しているのです。 例えば、印影が薄い、はっきりしない時などは、その時の運気が落ちている、下降していることを示します。また特定の部位(印相八方位)だけが薄い時などは、その部位を司る運気が落ちていることを示します。 例えば、一番 […]

印鑑は上下を正しく捺印しましょう

以前にこのような事がありました。 せっかく会社の売り上げアップのために開運印鑑を作成したのに、使い始めたから売り上げが逆に下がってしまった。どうしてなのか?という質問です。 私も当初はおかしいと思いました。柘の印鑑には他の材質のような凶作用はありませんので、運が落ちるはずはない、と。 そこで銀行に届けた印影を確認し […]