失敗を想定することと慎重とは違う

よくマイナスや問題点を聞きたがる人がいます。

「自分をよく知っておきたい。」「最悪の場合に備えたい。」「悪い部分を知ることによって改善できる。」

よく聞くともっともらしく聞こえますし、そういう自分を「慎重で堅実な性格」と捉えているようですが、意外と運が開かない場合も多いようです。

それは常に自分の意識が負の部分に向いているからです。

思ったことは実現する無意識の力

「強く鮮明に思ったことは実現しやすい。」「思考は実現する。」よく聞く言葉だと思いますが、実際にその通りになる確率は高いです。すぐにはそのようにならなくても、忘れたころにやってきたりします。

想念と現実の間には、時間と空間のギャップがあるため、時間差が生じるのです。

そして自分の事を慎重だと思っていた人は、「やはりそうなった。自分の推測は正しかった。用心してて正解だ。備えておいてよかった。」と安心するのです。

しかしこれは違います。

自分が思ったから実現しただけ

つまり危険やマイナスな状況に陥ることを想像したから、悪い状況になっただけです。

しかも細かく「こうななったらこうする。」という対応まで設定していたので、相当具体的なストーリーを作っていたのです。そしてその通りに事が運んだ。

成功法則の中でまず第一とされる事柄に「ゴールを具体的に設定する」というのがあります。ナポレオンヒルの「思考は実現する」の中でも、法則の最初にくるのが「明確な目標」です。

プラスの成功を得るのに一番大切なことが「明確な目標を設定する事」ということは、不幸になる人の一番の問題点が「マイナスの状況を考える」ということになります。

だから失敗など考えなくていい

マイナスな状況など鮮明に想定するれば実現する可能性が高まり、運が開きません。ネガティブ要素は恐怖感という強い感情を伴うため、イメージがより鮮明となって強い実現作用が働きます。「もしこうなったら」など思う必要はないのです。

例えば、スポーツなどで第一線で活躍する人や、今ノリに乗っていて大会で優勝した人などは、「うまくいくことしか考えてなかった。」とよく言います。

失敗など微塵にも思わず、確実に勝てると思って実際に勝ったのです。できると思えばできる。

今まで使っていたイメージ力をプラスに使え

運の悪い人は常にマイナスの事態を想定する。

運のいい人は常にプラスの結果を想定する。

運の良し悪しの原因はここにあります。だから「こうなったらどうしよう。」ではなく、「こうなったらいいな。」なのです。毎日ウキウキして、「こうしたい、ああなったら楽しい」とプラスの結果だけ夢見ていたら、顔も変わり表情も明るくなります。その人の発するオーラそのものが変換していくでしょう。これがまず成功の第一歩となるのです。

「人生は良くしかならない。」そう信じればそうなります。