姓名判断というのは実は奥が深く、画数が一派的にポピュラーになってしまっていますが、画数のみの判断は表向きの傾向でしかありません。

必ずしも吉の画数の人が運がいいとは限らず、逆に凶の人が不幸とも限らない理由は前回書かせて頂きました。

今回は音の秘密について少し書かせて頂きます。

実は音というのが姓名判断において、かなり大きな意味を持ちます。
昔からいう言霊といわれているもので、一つ一つの音には霊が宿り、その組み合わせ、または単体の音に意味が宿るというものです。言葉のパワーと言えば分かりやすいでしょうか。

音にも吉凶があるとしたら、やはり画数だけでは総合的な判断は難しいと理解できるはずです。

例えば、【裕】 という方がいたとします。この人を【ゆたか】、と呼ぶ場合と、【ひろし】、または【ゆう】と呼んだ場合、画数は全く同じでありますが、果たして運勢は同じになるのでしょうか?

答えはNOです。読み方が違うだけで、運勢は全く変わってしまいます。
という事は逆に、読み方を変えるだけで、運勢を180°変えてしまう事だって可能になります。

いかがでしょうか?
画数にもう一つの要素の音を加えただけで、鑑定結果はまったく別のものとなるのですから、画数で何画だから、という鑑定内容がいかに表面しか観ていなかったか、ご理解頂けたかと思います。