姓名判断は日本でもっともポピュラーな占いであり、また皆さんが大好きな占いのようです。

自分は何画だから大吉とか、人格が何画だとか、20画だから悪いとか。。。

でもこのように画数だけで判断する方法は、実は姓名判断の表向きの要素の一つでしかありません。

よく朝のテレビ番組で星占いコーナーがありますね。今日のてんびん座の運勢は?みたいなー。あれって一つの余興でしかありません。

実際にはほとんど当たらないけど、一つの楽しみで見てしまうレベルです。

当然と言えば当然ですが、生年月日も日にちや生まれた時間が違っただけで、全く別の運勢になるのですから、同じてんびん座でも運勢は全然違ってくるのです。

実は画数もこれと似ています。同じ総画でも運勢は十人十色でありますし、同姓同名の人ですら、同じ運命は歩みません。

また漢字が同じでも、読み方が異なるだけで、運勢は全く別物になってしまいます。

つまり画数が何画だという姓名判断は、姓名判断のほんの一部の要素だけを取ったものであり、画数のみで判断するやり方は初歩のレベルでしかないのです。

これに対して、生年月日で占う方法はかなりの的中率があります。四柱推命にしても紫微斗数もホロスコープにしても、運勢の細かい状況まで当てるほか、顔の輪郭や特徴までも出すことが出来るのです。

名前は関係なく生年月日だけで、これだけの的中率ですから、画数のみの占いってほんとにテレビ番組の星座占いと同じとしか言えません。

はっきりと申せば的中率は低く、私から言わせれば意味のない占術であり、余興でしかありません。

巷の姓名判断の問題は、印鑑にも関わってきますので、何度かに分けて書きたいと思います。

つづく