画数はもっともメジャーな鑑定法ですが、画数はそもそも姓名判断の一部でしかありません。

ですのでこれだけで印鑑を作るとどうしても中途半端になってしまうのです。

日本全国の自称開運印鑑屋さんでは、ほとんど90%以上は画数のみでしか観ていないのが知られざる裏事情です。

姓名判断だけみても画数がよくても五行が悪ければ運勢はあまりよくありません。画数の良さが五行の相剋によって取り消されてしまうからです。

さらに読み方という音霊が加われば運勢は全く別のものとなるのです。

これが同じ画数でも運勢に差が出る理由です。