「印鑑の購入を検討しているが、1本ならどの印鑑がベストですか?」という質問をよく受けます。

ホームページにも書いてございますが、実印・銀行印・認印にはそれぞれ意味があり、それぞれの特徴を最大限に発揮するために特定の寸法と彫り方があります。

ですから結論としては3本セットがベストとなります。それでも予算の関係で・・・という方もおられますが、この場合は用途で答えも異なります。

例えばお子様の印鑑ということでしたら、銀行印がお勧めです。認印も使用しないし実印登録の年齢でもありませんので、健康運も強化でき、銀行口座にも使用できる銀行印がよい、ということになります。

また成人した男性ならどうでしょうか?ハッキリと言って実印を持っていない男性は出世は難しいと言えます。社会的存在価値と比例する実印は、持ち主の器と位を引き上げるからです。その力がない、ということは社会的評価を受けにくくなり、うだつが上がらなくなります。

相談に来る方に聞いてもほとんど的中します。若いうちならともかく、30歳を超えるとその差は歴然となります。
そういう意味からすると、一番重要な印鑑は実印であると言えます。印相でも実印=その人そのもの、と教えています。