印鑑に使用する文字は篆書体を印鑑用にアレンジした印相体と言われるものです。

この書体は現代の新字体とは異なり、全く読みづらいものも多々あります。

お客様から「ここはこうなる」「点がつく」「こっちが長い」等の指示がある場合もあるのですが、実際には彫刻する文字は新字体から完全に変化するものであり、それらの概念は当てはまらない場合がほとんどです。

新字をそのまま書く「はんこ」とは違います。

実際のお名前を篆書に変化させた文字が印鑑に入りますので、現代文字の僅かな違いは関係なくなるのです