お子様の印鑑をいつ購入すれば良いか?という質問が頻繁に届きますのでお答えいたします。

基本的にはまずは銀行印があればよろしいかと思います。お子様の誕生後、まず将来のために銀行口座を作るケースがほとんどだと思います。
親の銀行印と兼用で使う方もおられますが、法的には口座名義人の登録印は口座名義人の銀行印とされています。

また銀行印には安定と健康という意味がありますので、お子様が健康で育つためにも重要な印鑑とされいます。

その他の印鑑ですが、高校生くらいになると少しずつ社会的に関わりが増えてまいりますので認印が必要になってきます。

実印は成人してからでも大丈夫です。

上記のように、必要な年齢に応じて徐々に3本揃えていってもよろしいかと思います。

以上は現実面での判断になりますが、運勢的にはどうでしょうか?

印鑑は3本揃って全てが安定するような仕組みになっています。そのため誕生祝いに3本セットをプレゼントするケースも昔からあります。

1本より2本、2本より3本の方が運気的に強力なことは言うまでもありません。また3本セットはお値段的にもだいぶお得な設定となっております。

現実面と運勢面、両方を考慮した上でご検討いただきますよう、お願い申し上げます。