開運表札を長年販売してまりまして、一位・木曽桧・檜の3種類に絞った高品質の品揃えをしてまいりました。

しかしこの3種類を比べた場合、一般の檜材がやや落ち、まあその代わりにお値段も安かったのですが、この度檜をやめて一位と木曽桧にを中心にやっていくことにしました。
家の玄関を飾る表札には、値段が安いよりも質を求めるお客様がほとんどで、実際に安いにも関わらず檜が一番売上も少なかったのです。
在庫を抱える問題もありますので、品数を絞るという選択になったわけです。
また現在検討中ですが、檜に代わってヒバを新しく品揃えするかもしれません。
ヒバも素材としては人気があり、品質も素晴らしいです。見本ができましたら発表したいと思いますので、今しばらくお待ち下さい。
印鑑の国際数霊印相学会