表札製作者のサイン

製作者サインについて

戸建て用表札には、向かって左側の側面に「作成者サイン」が入ります。

製作者サイン

開運風水表札の中で唯一戸建て用シリーズには、製作者のサインが入ります。実際には手書きのサインではなく、署名印となります。

捺印される位置は、上記画像のように表札を正面から見て、左サイドの真ん中から下の部分になります。

他の和風モダンや和風龍馬の各シリーズ、マンション用表札シリーズ、お客様からのご要望によってアレンジするオリジナルプレートには作家印は入りません。あくまでも戸建て用だけに適用されるものです。

スポンサーリンク

戸建て用表札だけに刻印される理由

戸建て用の表札は、伝統的な昔ながらの木製表札になります。

このような職人が作る作品には、作者の著名が入るのが普通です。

これは表札に限らず、例えば書家の書にも必ず作者名が入りますし、絵画などの芸術作品も同じです。必ずサイン入りです。
また京焼きや漆器などの工芸品も同様であり、ちゃんとした作家の作品こそ、必ず著名入りとなります。

以上の理由から、伝統的な形を継承している戸建て用表札のみに、作者名が入るようになっております。

※マンション用や和風モダンなどは時代に合わせてアレンジしたもので、伝統的な形ではないため、刻印は外してあります。
また板の厚みもないので刻印するスペースがないという物理的理由もございます。

スポンサーリンク