開運印鑑の作成・通販|素材・技術・効果にこだわった本柘印章専門店

開運書体

風水表札で使われる書体が楷行書

開運の風水表札でよく使われる書体として楷書体と行書体がありますが、国際数霊印相学会では楷書体と行書体の中間を取った【楷行書】と呼ばれる書体を使用しています。

楷書はしっかりとした文字ですが、やや堅苦しく、真面目な印象を与えます。行書は流れるような美しさがありますが、やや柔らか過ぎますし、文字によっては崩しすぎ感も出てきます。

【楷行書】は二つの良いところだけを取った、最も風格のある最も表札に適した書体と言えます。

当店の風水表札はこの【楷行書】のみにこだわり、職人が一枚一枚丁寧に謹製してお届けしております。

書体は楷行書が一番の吉相

開運隆昌の特別開運仕上

当店では通常の【浮き彫り仕上げ(文字を残し、周辺を彫り下げることにより、文字を浮かせる技法】に加えて、開運効果抜群の縁起の良い【特別開運仕上】をご用意しております。

  • 風水表札の四隅に【開運招福】と特殊な彫刻技術で隠し彫り(浮き彫り)致します。うっすらと微かに彫りこまれた文字に厳かなエネルギーを感じます。
  • 四隅を埋める事で表札の【体】が充実・安定し、より開運効果が高まります。あるのとないのではだいぶ充実度が違って見えます。見た目ににも力が漲っているのが感じ取れます。

特別開運仕上の隠し彫りの見本

隠し彫りはおぼろげに、ひそやかに入るところに意味があり、趣があるものです。決してくっきりと目立つように、主張するようなことはありません。ハッキリと見えるほど主張すると、隠し彫りの意味がなくなってしまいます。

玄関先においては表札は、1mくらいからの離れた場所から何気なく見るものですので、訪問客が見ても言われるまで気付かないのが普通です。「実は文字が彫ってあった」という何気なさが、隠し彫りの意味するところなのです。

当ホームページ及びその内容(文章・記事・画像・写真等)は、著作権法により保護されています。無断でその一部、または全てを複製・複写・引用することは固く禁じられています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

【本家開運印鑑の殿堂】国際数霊印相学会

国際数霊印相学会オススメの開運印鑑

伝説の御蔵黄楊   薩摩本柘 三宝印   薩摩本柘植 実印・銀行印・認印   法人印鑑 三宝印   開運効果を上がる極上朱肉

必見!印鑑を選ぶ前に必ずお読み下さい

間違いだらけの印鑑屋選び   象牙神話の崩壊!!   水晶印鑑の問題点   印材の耐久性について   大自然の本柘植が運を開く

本を出版しました

国際数霊印相学会の鑑定師・彫刻師が書いた本
★新書版:1527円
★Kindle版:489円

まずは法則を理解すること。この本を読むと印鑑の効果が上がります。

待望の第二弾!

マイページ

マイページへのログインは下記をクリックして下さい。

【マイページ】

購入履歴の確認、登録情報の変更が出来ます。

未出荷分の配送先変更は自動的には反映されませんので、別途メールでご連絡下さい。

国際数霊印相学会はヤフージャパンの印鑑カテゴリ登録店舗です
PAGETOP
Copyright © 国際数霊印相学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.