開運印鑑の作成・通販|素材・技術・効果にこだわった本柘印章専門店

表札大百科

表札の意味/開運の法則

立派な家には立派な表札を

表札は玄関ドアの横に掛ける【表札】と門の横に掛ける【門札】に分類されます。

【門札】はその家・家族・先祖代々の敷地の入り口である門に掛けることから【苗字】のみを記せばよしとされています。材質は特に気にする必要はなく、外溝、塀等に合わせてお選び頂ければ良いでしょう。

これに対して【表札】はその家の当主の姓名を入れ、その家の持ち主(主人)を明示します。素材は天然銘木が一番良く、家相学に於いては「外から玄関に向かって右側」に掛けるのが一番よしとされています。

ただし反対側に付けると凶になるとかはありませんので、その家の玄関に掛けてみて一番しっくりくる方に掛けるのが一番良いでしょう。分からない場合には(外から見て右)に掛ければまず無難と言えます。

表札を掛けて凶となる方位は、

  1. ドアの表面に直接掛ける
  2. ドアの真上に掛ける

の2点が上げられ、どちらにしても明らかに不自然な掛け方である事はお分かり頂けるかと思います。
大自然の法則により、不自然=凶、なのです。

表札家の運気を整える働き

妻子の名前は不要

表札は一家の主人のみの姓名を入れるのが基本となります。
妻や子の名前を入れることは主人から家運を奪ってしまう(運気が分散してしまう)と考えられているのです。家の主人の運気が向上することが、家族全員の運気の向上に繋がるのですから、当主の姓名のみを記すがよろしいでしょう。

※マンション等は集合住宅のため、マンション内での一家の場所を記すための【姓】のみを記せばよし、とされております。

表札は10年で交換

天然銘木は防水加工がしてありますが、それでも常に風雨・外気にさらされているため、時間が経てばやがて傷んできます。気候にもよりますが、早くて5年、普通の環境で10年とお考え下さい。傷みがひどい表札はとても吉相とは言えません。日差しや風雨により傷んできた場合には早めの交換が必要になります。

しかし、早めに傷んだ場合にもマイナスなイメージは持たないで下さい。表札が難を引き受けてくれたんだ、と前向きに対処するのが正しい開運の考え方になります。
印鑑も表札も同じですが、本人に危険が迫ってくる前に身代わりとなって、自然に割れたりする事が多々あるのも事実です。

伊勢神宮は式年遷宮として25年に一度屋移りします。表札も印鑑も同じで生きた素材は生まれ変わりながら開運効果を維持していくものです。
木造住宅も22年が法定耐用年数とされており、一生に一度のマイホームとか言われていますが、一生物という美化された言葉だけが先行しているのが現状であり、形あるものに永遠の耐久性を求めることの方が間違っていると言えます。

新しい息吹がまた新たな運を運んでくれますので、買い替えをもったないと思う心は捨てるのが運を高めるコツとも言えます。生きた素材である天然木であるからこそ、新しい息吹が必要なのです。

当ホームページ及びその内容(文章・記事・画像・写真等)は、著作権法により保護されています。無断でその一部、または全てを複製・複写・引用することは固く禁じられています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

【本家開運印鑑の殿堂】国際数霊印相学会

  • facebook
  • twitter

国際数霊印相学会オススメの開運印鑑

伝説の御蔵黄楊   薩摩本柘 三宝印   薩摩本柘植 実印・銀行印・認印   法人印鑑 三宝印   開運効果を上がる極上朱肉

必見!印鑑を選ぶ前に必ずお読み下さい

間違いだらけの印鑑屋選び   象牙神話の崩壊!!   水晶印鑑の問題点   印材の耐久性について   大自然の本柘植が運を開く

本を出版しました

国際数霊印相学会の鑑定師・彫刻師が書いた本 ★印鑑は最強開運ツール 1527円
★印鑑は最強開運ツール Kindle版 489円

印鑑を買った人もこれからの人も、まずは法則を理解すること。これを読むと運が上がります。

国際数霊印相学会はヤフージャパンの印鑑カテゴリ登録店舗です
PAGETOP
Copyright © 国際数霊印相学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.