浮き彫り

表札の彫りと浮き彫り

表札の彫り方には一般的なものとして【浮き彫り】・【彫り】・【書き】の3種類の技法があります。

当店の風水表札では、開運書体の風格をより美しく逞しく表現でき、しかも立身出世・開運隆昌の象意を宿す【浮き彫り】をメインに使用して作成しております。

浮き彫りは、名前の外側全面を彫り下げ、名前を浮かせる技法で、名前が浮く→名前が目立つ→世に出る→出世するという縁起の良い彫り方になります。

正に芸術品とも言える、最高の匠の技をご堪能下さい。

スポンサーリンク

浮き彫りの見本

素材には堅さや粘度等の特徴があるため、浮かせる高さを変えています。素材に合った彫りが個性を引き出します。

基本的に一位は浅め、木曽桧は深めの浮き彫りとなりますが、同じ素材でも時期や物によって硬さがまちまちのため、1枚1枚彫りの深さは異なります。

隠し彫りはひそやかに入るところに趣きがありますので、色は付きません。木の中に溶け込むようにするところに特徴があります。

よって、ハッキリ、くっきりとした彫りではなく、おぼろげに何となく入るところに特徴があります。

浮き彫りと特別開運仕上の見本

スポンサーリンク