ホームページにも書いていますが、九星による印材の相性判別法は、昭和に入ってから、ある印相家が主張した方法です。もともとあったものではありません。

当時日本は高度成長期で、売れば何でも売れた時代です。

それまでほとんどの印鑑は柘で作られていましたが、これではあまり儲からないため、【新商品が必要】だったのです。

それが象牙や黒水牛です。特に象牙は彫刻なんかにも使われていて高級品のイメージが強かったため、高く売るにはもってこいだったのです。

そして印材には相性がある、あなたは五黄土星だから象牙がいいと言われ、五黄は柘はよくない、となれば象牙か黒水牛しか買う選択がなくなります。
この時点で柘を売る必要がなくなり、利益が大幅に見込めるのです。

この商法は売上を伸ばし、大いに儲けるのに大変都合がよかったので、瞬く間に印鑑業界に拡がってていったのです。

(つづく)