本柘植の産地による違い

同じ国産の本柘でも産地が違えば、質にも違いが出ます。また同じ産地でも誰が育てたか、という植林農家の手の掛け方によっても質は異なってきます。

さらには同じ産地の同じ農家の育てた木であっても、1本1本に違いが出ますし、またその1本のどの部位なのか?によっても質は異なるものです。

実印本柘植

薩摩本柘と薩摩本柘(特級)との違いとは?

よく聞かれることですが、「この2種類に違いがありますか?」

答えは「もちろんあります。」これは「赤身のマグロと中トロに違いがありますか?」(笑)というのと同じ質問になりますね。。。

一般の人から見れば見た目の違いに差はないように見えますが、プロの目から見ると一目瞭然です。触っても分かります。

木の質感と仕上がりの肌触りに差が出ているのが分かります。

また彫刻刀を入れると手に伝わる感触で分かります。薩摩本柘(特級)の方が硬さと緻密さがありますので、長い目で見ても実はお徳なのです。

さらに素材だけでなく、印相的にもより強くする手法を加えています。これが等級の差、価格の差の理由となります。

御蔵本柘は更に硬い

特級材よりも硬いのが御蔵本柘です。樹齢100年ですから当たり前ですね。しかも天然自生ですので、木そのもののパワーが違うのです。

御蔵本柘植

薩摩本柘(特級)と御蔵本柘では、作り方、印相の入れ方は同じになりますので、木そのものの価格の違いになります。

よく「商売抜きで個人的にはどれをオススメしてますか?」と聞かれますが、いつも「薩摩本柘(特級)以上」、とお話させていただいております。

上記の通り、木そのものがしっかりしており、質感に高級感があり、自分の力を引き上げてくれる印鑑には相応しい素材と言えます。