印相には増画法という秘伝がありますが、これは接点数を追加することによって新たな画数の意味を表す方法です。

ただしここで誤解してはいけないのが、その人の画数が完全に100%変わるという意味ではありません。
当たり前のことですが、もって生まれた名前の画数が印鑑だけで完全に切り替わる訳ではないのは簡単に理解できることです。

要するに新たな設定した画数の象意が加わる、ということになります。

前のもあるし、新たな傾向も生まれる、とご理解ください。それでも全然違ってくることは言うまでもありません。