一般に販売されている自称開運印鑑屋では画数のみでしか鑑定はされていません。

しかしこれでは不完全であり、本物の開運印鑑にはなりません。
その秘密は音(読み方)に隠されているのです。

例えば、高坂さんという人がいたとします。これを「たかさか」と読むのか、または「こうさか」と読むのでは運勢は変わってきます。

しかし普通の印相では同じ書体にされてしまいます。画数が全く同じだからです。

国際数霊印相学会は違います。読み方が変われば運勢も変わるので、印相にも変化がつくのです。
これが本物の印相と言えます。