家が建つ印相の極意

開運印鑑で家が建った

印相にはいろいろな秘伝がありますが、その中でもとても面白いものがあります。それが

「8年以内に家が建つ」という相です。

最初に知った時は、「ええーー」という驚きでしかなかったのですが、実際に自分もすぐに家を建てることができましたし、知り合いに開運印鑑を作ってあげたら3年後には家が建ちました。

「これはすごい!」ということで知り合いの弟夫婦にも作ってあげたら、やはり数年で家が建ちました。

建売の家を購入して数年の親に作ってあげたら、その後急に家を建てる計画になり、建売を売却して、その資金をもとに桧造りの立派な注文住宅を建てました。天井も床材もオール桧の無垢材仕様です。

家が建つ印相印鑑

不思議な開運印鑑の威力

このように身近な人で私の開運印鑑を使っている人は全員家が建っています。それも普通の家ではなく、立派なオール桧の注文住宅やスタイリッシュな高級マンションだったりします。

印鑑の力で仕事運が上がり、蓄財できたから建つのか、または「家を建てたい」という衝動が起きて、目標ができるから建つのか定かではありませんが、なんだかそういう雰囲気に道が開いていくようです。

実印に秘密がある

今ではこの秘伝を知っている印相家はほとんどいないと思いますし、秘伝なのでハッキリとは書きませんが、家が建つ極意は実印にあります。

実印であることをして、強くするとそういう相になるのです。

もちろんその恩恵は家だけでなく、他にもたくさん強くなる相ですので、家が建ったあとも、何かと良かったりします。決して家を建てるだけの相ではありませんので。

※基本的には薩摩上柘(特級)以上のクラスで特に強くこの秘伝を使っています。薩摩上柘だと家が建たないという意味ではなく(笑)、薩摩上柘(特級)では意識的に倍くらいに力を強めています。