開運印鑑の作成・通販|素材・技術・効果にこだわった本柘印章専門店

正しい印相印鑑の条件

一般の開運印鑑屋との違いであり、真実

自然の樹木のみが人に力を与えてくれる

国産の本柘印材のみを使用する徹底的なこだわり

ほとんどの店舗では、象牙・黒水牛等の動物性の素材をはじめ、本来凶材であるはずの水晶やチタン等、 様々な印材を取り扱いしていますが、国際数霊印相学会では国産の本柘素材のみを使用します。
お金儲けのために、本来運勢的には悪い素材を販売するお店のどこに真実があるのでしょうか?

伝統の印相学では、本柘のみを唯一の大吉として推奨しており、これは歴史的文献を見ても明らかです。

九星占いでの印材選びは誤りである

象牙・黒水牛・柘を九星の生まれ年から鑑定する相性法は、昭和の初期以降、さらなる高額商品の売り上げアップのために取り入れられた方法であり、伝統の印相学にあるものではありません。印鑑屋にとっても、象牙の売り上げが見込めるため根付いてしまったのが、そもそもの歴史的背景であり、これは真実ではございません。

例えば私は五黄土星です。九星では相性の悪いはずの本柘を使用していますが圧倒的に開運しています。私の知り合いの土星系統の方も本柘の開運印鑑で全員が素晴らしい人生を送っているのを知っています。これが事実です。つまり九星で素材を選んでいるお店は既に問題があることが分かります。

本物の開運印鑑は画数のみで作る単純なものではない

一般の開運印鑑は、姓名判断の画数のみを【増画法】と呼ばれる方法により仕上げるだけです。これ以上の秘伝を使用できる鑑定士は現在ほとんどいません。

しかし人の運勢は画数のみで決まるものではなく、実際には皆様の思っている以上に画数の運勢に占める割合は少ないというのが実情です。同姓同名でも運勢は違うのが現実であり、例え漢字が同じでも、読み方が違っただけでも運勢は変わります。さらに生年月日が加われば運勢は完全に別物となってしまうのです。

一般に大吉とされる24画や 31画でも不幸な方がたくさんおり、逆に20画や30画の凶画数でも幸運な人がたくさんいる事実を見ると、画数よりも生年月日の方が圧倒的に運勢に影響を及ぼしているのが分かります。四柱推命や紫微斗数、等の生年月日鑑定の方画数だけに比べてが的中率が高いのはこのためです。

つまり増画法のみの開運印鑑は、実際にはそれほど効果がない、と言えます。それなのにほとんどのハンコ屋や占い師は、「画数を印鑑で変えて開運!」等、様々な宣伝文句で増画法のみの開運印鑑を売りさばいているのです。

国際数霊印相学会の印鑑は、運勢に影響を及ぼすあらゆる要素を調和させる、生年月日・画数・ 言霊数霊術の立体総合鑑定を用いた印相奥義を駆使することによって、品質と精度の高いハイレベルの開運印鑑を作成しております。

開運印鑑|商品一覧表

薩摩上柘(特級)3本セットの開運印鑑 薩摩本柘 単品(実印・銀行印・認印): 8900円~
薩摩本柘 3本セット : 29800円~
御蔵本柘 単品/3本セット: 単品15000円~、3本セット63000円~
薩摩上柘(特級)印相極伝の開運印鑑 薩摩本柘 印相極伝(男性専用): 118000円~
会社印鑑3本セット 薩摩本柘 法人用単品(実印・銀行印・認印): 28000円~
薩摩本柘 法人用3本セット: 77000円~

国産の本柘素材に対するこだわり

本柘にもたくさんの種類/産地がありますが、本当に開運効果が抜群の本柘素材は国産材のみになります。当店では薩摩本柘の上材を産地直送で仕入れ、厳選して使用しています。一番良く手入れされている農家の木を使い、最も品質の高い加工をしている木材業者様からの仕入れをしていますので、上質な本柘が提供可能となっています。

国産の本柘で開運印鑑を作るのが正しい伝統の方法

他のハンコ屋さんでは柘に対するこだわりがないため、ほとんどが一番安いものを仕入れているのが現状です。柘植専門店だからこそ最上の素材を品揃えしています。

安売りによく使用される中国・東南アジア産の柘は一切取り扱いしていませんので、安心してお買い求め頂けます。また伝説の印材である大変希少価値が高く、硬くて丈夫な樹齢70-100年の御蔵本柘もございます。

本物の開運吉相印鑑とは?

【最高の開運印鑑は最高の印材から生まれる】

高級な素材には上質な【気】と【風格】、【生ける自然の生気】が宿ります。大量生産の安価な素材や動物の死骸から採取した象牙や水牛には【開運の気】は宿りません。

当店では、最大吉祥の印鑑をお届けするために、印鑑材料を厳選しております。外国産は一切仕入れていません。

印鑑選びは素材から

動物の死骸から採取した印材は×

印材は人間でいえば【体】であり、【体】が健康であって初めて様々な幸福を得られるのです。印材選びを誤れば、どんなに書体が吉相でも効果はなく、運勢も上がるどころか確実に下がってしまいます。

最近では【お金儲けのみ】の理由で様々な素材が使用されていますが、ほとんどは大凶の印材であり、決して手にしてはいけないものです。【開運印鑑】を宣伝しているお店でもかなりの確立でそれらの印材を使用していますのでご注意下さい。

水晶・メノウ・チタン・他の宝石・貴石類の印材がこれに当たりますが、他にも象牙や・黒水牛・白水牛も運が開きにくい素材ですので、ご注意下さい。※特に白水牛は波乱万丈の凶材です。

凶相の印材を品揃えしているお店では、開運印鑑の作成は不可能であり、どんなに立派な事を書いていても、そのお店・鑑定士に真実はありません。印相学の知識が不足しているという理由がこれだけで判別できます。

印相学に於いて、最大吉相の印鑑材料はあくまでも【国産の本柘】のみであり、これ以外は全て開運印鑑にはならない凶印材であります。吉でなければ全て凶となるのが印相学のシビアな特徴なのです。

このホームページを御覧になる全てのお客様が正しい印鑑を見極められる目を持てるよう、願って止みません。

人は自然の一部。本柘の清清しい気に勝る素材はなし

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

【本家開運印鑑の殿堂】国際数霊印相学会

  • facebook
  • twitter

国際数霊印相学会オススメの開運印鑑

伝説の御蔵黄楊   薩摩本柘 三宝印   薩摩本柘植 実印・銀行印・認印   法人印鑑 三宝印   開運効果を上がる極上朱肉

必見!印鑑を選ぶ前に必ずお読み下さい

間違いだらけの印鑑屋選び   象牙神話の崩壊!!   水晶印鑑の問題点   印材の耐久性について   大自然の本柘植が運を開く

本を出版しました

国際数霊印相学会の鑑定師・彫刻師が書いた本 ★新書版:1527円 | Kindle版:489円

印鑑を買った人もこれからの人も、まずは法則を理解すること。これを読むと運が上がります。

国際数霊印相学会はヤフージャパンの印鑑カテゴリ登録店舗です
PAGETOP
Copyright © 国際数霊印相学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.