開運印鑑の作成・通販|素材・技術・効果にこだわった本柘印章専門店

国際数霊印相学会とは

開運印鑑のトップブランド【国際数霊印相学会】の特徴

国際数霊印相学会の開運印鑑は、鑑定力・印材・寸法・書体の総合的調和を第一にした、他の追随を許さない最大吉祥の印鑑です。

金運・事業運・健康運・家庭運・成功運・才能運・仕事運・恋愛運・結婚運等あらゆる運を強化し、運勢飛躍・開運隆昌の象意を備えた開運印鑑を提供しております。

開運印鑑の総本山 国際数霊印相学会

国際数霊印相学会は、開運印鑑の作成に於いては最も優れた①ノウハウ②スキル③実績を持っており、長年に渡り正真正銘本物の開運印鑑をお届けしております。

占いの奥義【数霊術】とは?

九星気学・姓名判断等の占いは、全て古代エジプトからの数霊術の秘儀が基本となっています。

1~9までの数字の中に天地自然・大宇宙の神秘の力が含まれており、1が万物の始めであり、9が陽の極まり。そして9×9=81の周期があり、81の数字を持ってまた1に還るのです。

姓名判断は文字の持つ霊威を数字に還元して吉凶を占うものですが、画数計算でも1画から始まり、最後は81画で、また1画に戻るのはこのためです。

国際数霊印相学会という店名も、数霊術の原則を重要視している印相法であることから付けられています。

正しい印相鑑定による印鑑作成

一般に売られている開運印鑑は姓名判断、しかも画数のみの判断による鑑定がほとんどです。果たしてこれで本当に人生が変わるのでしょうか?

少しまともなところでも、画数に印相八方位を加えたもの、頑張っても気学による大雑把な年盤による鑑定が行われるのみです。

国際数霊印相学会は、印鑑を鑑定する時に使われる姓名判断・九星気学・印相学も全て【数霊術】であるという原点に還り、印相鑑定をしています。そして、この原点に立っているからこそ最大吉相の印鑑の作成が可能なのです。

※印鑑を作る時に鑑定する内容と、一般の占い所で行う対面の運勢鑑定は、その手法は全く異なります。当店ではあくまでも印鑑作成を行うにあたって必要なポイントのみを鑑定していますので、印鑑とは関係ないあらゆる運勢を鑑定した内容を渡すような無料占いサービスは行っていません。当店では大吉の印鑑を作成することを大前提としており、占いアドバイスはありません。

大自然の生気を宿した生きた印鑑材料のみを使用

開運印鑑とは印相の正法により、【印材・書体・寸法】の全てが最大吉の頂点において調和し、開運・運気隆昌を導く印鑑をいいます。

世間では印相学があまり知られていないため、平気で凶相の印材を使用し、そのため本来の輝きを失ってしまっている人が大勢います。非常に残念なことですが、通販や実際の印鑑屋でも、運勢鑑定を正しくできる方はそう多くありません。

彫りが自慢で、きれいな印鑑を作るのと、正しい鑑定により本物の開運印鑑を作るのとでは意味合いが大きく異なるのです。また表向き綺麗な印鑑であっても、その印鑑を使って運が落ちたら何の意味もありません。

印相では印鑑は自分の分身を宿すものであり、そのため印相の吉凶は人の運勢に大きな影響を与えます。凶相の印鑑を持てば運気は衰退し、吉相の印鑑を持てば運気が上がり、人生は変わります。

人はみな可能性を持っています。その可能性を最大限に広げ、才能を開花させ、幸運を次々に呼び寄せるのが、国際数霊印相学会の【開運印鑑】なのです。 当店は誠実に本物を追求し、印鑑を作り続けます。決してお金儲けに走ることなく、売り上げアップのために本来は存在しないウンチクを述べることもしません。

答えは常にシンプルであり、素朴な国産の本柘にのみ秘められているのですから。。。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

【本家開運印鑑の殿堂】国際数霊印相学会

  • facebook
  • twitter

国際数霊印相学会オススメの開運印鑑

伝説の御蔵黄楊   薩摩本柘 三宝印   薩摩本柘植 実印・銀行印・認印   法人印鑑 三宝印   開運効果を上がる極上朱肉

必見!印鑑を選ぶ前に必ずお読み下さい

間違いだらけの印鑑屋選び   象牙神話の崩壊!!   水晶印鑑の問題点   印材の耐久性について   大自然の本柘植が運を開く

本を出版しました

国際数霊印相学会の鑑定師・彫刻師が書いた本 ★新書版:1527円 | Kindle版:489円

印鑑を買った人もこれからの人も、まずは法則を理解すること。これを読むと運が上がります。

国際数霊印相学会はヤフージャパンの印鑑カテゴリ登録店舗です
PAGETOP
Copyright © 国際数霊印相学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.