開運印鑑の作成・通販|素材・技術・効果にこだわった本柘印章専門店

印材の秘密

印相における印材の秘密について

印材の質が命運を分ける

今明かされる印材の秘密とは

一般の開運印鑑に使われる印材には柘・黒水牛・象牙の3種類があり、この3種類のみが吉相印材とされていますが、実際には本当に大吉となり得るのは国産の本柘のみとなります。

一般に流通している普通の象牙や黒水牛では運はなかなか開きません。(ものによっては若干良い物もたまにはありますが。。。)

万物の霊長である人間の魂を宿す印鑑に、動物性の印材を使うこと自体が誤りであると言えます。人間の持つ霊性より格段に劣る象や黒水牛の死んだ牙や角を使うのですから、その霊気を受ける事によって運勢が上がるはずがありません。
また同じ水牛でも【白水牛】はさらに凶相の【波乱万丈】の象意を持つ凶印材です。

最近ではこの他にファッション性や耐久性を重視した印材が出てきていますが、それらは全て衰運を招く凶相印材ですのでご注意下さい。特に最近では無料占いで客寄せを行い、弱みにつけ込んで高価な水晶印鑑を売りつける悪しき商法が大変流行っています。水晶印鑑は印材の中でも最も悪い印材で、大変な凶作用を及ぼしますのでご注意下さい。

凶印材については、詳しくは「凶相印の真相」または「水晶印鑑の被害」をご覧下さい。

自然の息吹が幸運を引き寄せる

木は人にプラスのエネルギーを与える

象牙や黒水牛の値段が柘より高いのは、印材の希少価値や原材料そのもの価格が高いのであって、開運するから高いのではありません。開運力としてはむしろ本柘が圧倒的に一番であります。これは柘は自然の樹木であり、発展・繁栄の象意であることから人間の分身として、また開運印材としては最適であるからです。

家相を例に取りますと建築の材質として自然に近ければ近いほど吉相であり、一番の大吉相は国産の桧であり、続いて杉・松・ヒバ等の良質の高級木材になります。
やはり人が生きていく中で自然の物は人にやすらぎを与え、快適で、また開運力も優れているのです。

この例を取りましても自分の分身である印材を考えた場合、特上の柘が一番の大吉相であるという意見は真を得ていると思われます。
※家の中に木の建具や壁などの木工製品があると、脳に良い作用を及ぼすのは科学的に証明されております。

本柘の種類と産地について

柘の質は産地によってだいぶ異なり、今日本で売られている柘の多くは格安な東南アジアや中国産であり、これらはアカネ柘と呼ばれ、質的には国産材より劣ります。また外国産のアカネは、クチナシ属/アカネ科の常緑樹であり、実際には柘ではありません。

柘ではないので当然印材としては劣ります。やはり国産品である本柘が一番で、印鑑材料には最適であり、日本の風土で育った樹木はきめ細かく、開運力にも素晴らしいものがあります。

国産の本柘と言えば、現在の主流は鹿児島県の薩摩産ですが、以前は御蔵島産が有名でした。しかし御蔵島産の本柘は採れる量がとても少なく、大量生産が困難であることから薩摩本柘が主流になった経緯があります。

品質的には薩摩柘でも十分素晴らしいのですが、御蔵本柘は更に上をいく最上の本柘印材となります。

象牙は本当にいいのか?

象牙は縁起が良く、神聖な動物であり、そのため象牙が一番だという意見もあります。しかし、何を理由に縁起が良いかは根拠がなく、ただ単に売るために【縁起が良い】と片付けられているのが現状と言えるでしょう。

ところで象牙は本当に縁起が良いのでしょうか?印鑑は人の魂を宿す神聖な器であります。動物の死骸から摂取した素材に、人の魂を宿して本当に開運するのでしょうか?生き物は死んだ瞬間にエネルギーを失います。しかも殺された場合には、恐怖と絶叫のマイナスエネルギーを放出するものです。

印鑑は人間で言えば体。その大切な体に動物性素材は本当に適しているのでしょうか?
よく考えれば分かることです。

印鑑は耐久性で選ぶな!

耐久性を考えて象牙を検討する方もいらっしゃいますが、本来印鑑は耐久性を重視して選ぶものではありません。耐久性が良くても開運効果の劣る印材は単なるハンコの役目でしかないはずです。

悪い印鑑が長持ちしてしまえば、結局は逆効果です。運が開かない波動を長期間受けるはめになってしまうのですから。

また現在販売されているほとんどの象牙材は業界用語で「ソフト材」と呼ばれ、実際には欠けやすいので問題外と言えます。象牙を購入するなら「ハード材」を選ぶべきです。

黒水牛はもともと乾燥に弱く、保管しているだけでも欠けてしまうこともあり、長期使用には向きません。

いずれにしても、象牙や黒水牛は硬そうに見えるだけで、実際に一生物とはなり得ない印材だという事をご理解下さい。そもそも耐久性を考えて象牙や水牛を選ぶのは検討違いであると言えます。

象牙印鑑では開運しない

運勢の面からも、実際に当店に来られるお客様に聞いても、「象牙を使用したが、全く何も変わらなかった」、というのがほとんどであることから間違いのない事実であると言えます。

※以前当店でもお客様の強いご要望にお応えして、厳選に厳選を重ね、本当によい気を宿した象牙・黒水牛の印材を更に浄化して、限定販売したこともありましたが、安定供給は無理なため販売は中止しております。

またいくらお客様のご要望とはいえ、どんなに象牙等の印材を浄化しても小吉が精一杯のため、今後は本柘以外の印材を取り扱う予定はございません。ご了承下さい。

印鑑は運勢に多大な影響を及ぼします。故に開運の度合いをもって印材を選ぶのが正しい印鑑の判別方法なのではないでしょうか?

運の開かない黒水牛・象牙を一生使用しても結局は開運にはなり得ません。一生にたとえ2、3度の改印が必要であっても、大吉の本柘印材を使用すれば一生大吉の充実した人生となるのですから。

開運効果抜群の国産本柘

本柘(本柘植)は適度な硬さがあり、印材として一番目が細かく(密度が濃く)、繊細な彫刻が可能な、最もポピュラーな材質です。印相学の正法から見ても、自然の生気をたっぷりと宿した、発展強運のエネルギー溢れる印材と言えます。

当会では本柘の質に一番こだわりを持っており、最も開運力のある国産の①薩摩上柘②薩摩上柘(特選素材)③御蔵本柘の3種類を使用しています。

※同じ本柘でも産地によって質に違いが出てきます。当会では南国の豊かな土壌と日光・海風で育った南薩地方の薩摩本柘、樹齢70年以上の最上クラスの御蔵本柘を使用しています。
外国産や柘代用品では決して望めない緻密な美しさは日本の伝統工芸である印章に最も適したものであります。

本柘のグレードについて

  1. 薩摩上柘: 一般に流通しているレベルのスタンダード材になります。
  2. 薩摩上柘(特級): 私が直接確認した特選レベルの素材です。一番良い本柘を一番優秀な加工業者よって印材に仕上げた一流品。(普通の人には見た目だけでは、そのレベルの違いは分からないかもしれません。私は触っただけでその違いが分かります。ワインでも一流のソムリエにしか判別できない領域というものがありますが、それと同じと言えます。)
  3. 薩摩上柘(特級)印相極伝: 男性用の長寸特注印材。枝やフシのない幹の根元の一番適した部位から選別した薩摩本柘の最高級部位
  4. 御蔵本柘: 樹齢70-100年の天然自生の柘(黄楊)。薩摩柘は樹齢15-30年の植林材ですが、御蔵本柘は厳しい自然環境で100年生きてきた歴史があります。その霊性の差は圧倒的な違いと言えます。

薩摩上柘(特級)印相極伝 VS 御蔵本柘

国産の本柘で開運印鑑を作るのが正しい伝統の方法

よく聞かれます、「どちらが上ですか?」と。正直分かりません。樹齢百年の神木とも言える力なのか、それとも圧倒的な大きさが勝るのか。

間違いなく言えるのは、同じ寸法なら絶対に御蔵本柘になります。しかしサイズがここまで違うとそのパワーから薩摩上柘(特級)印相極伝が勝ると個人的には思います。

例えばスポーツの世界において、どんなに才能がある若者も、体格差のあるプロの大人には勝てない、といったところでしょうか。それだけ印鑑の世界においては寸法が大きなエネルギーの差を生むのです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

【本家開運印鑑の殿堂】国際数霊印相学会

  • facebook
  • twitter

国際数霊印相学会オススメの開運印鑑

伝説の御蔵黄楊   薩摩本柘 三宝印   薩摩本柘植 実印・銀行印・認印   法人印鑑 三宝印   開運効果を上がる極上朱肉

必見!印鑑を選ぶ前に必ずお読み下さい

間違いだらけの印鑑屋選び   象牙神話の崩壊!!   水晶印鑑の問題点   印材の耐久性について   大自然の本柘植が運を開く

本を出版しました

国際数霊印相学会の鑑定師・彫刻師が書いた本 ★印鑑は最強開運ツール 1527円
★印鑑は最強開運ツール Kindle版 489円

印鑑を買った人もこれからの人も、まずは法則を理解すること。これを読むと運が上がります。

国際数霊印相学会はヤフージャパンの印鑑カテゴリ登録店舗です
PAGETOP
Copyright © 国際数霊印相学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.