開運印鑑の作成・通販|素材・技術・効果にこだわった本柘印章専門店

先天運と後天運

先天運と後天運を解き明かす

先天運と後天運★運命の成り立ちについて

人の運勢は先天運と後天運により成り立っています。

先天運とは、人が生まれ持った運勢であり、九星気学・四柱推命・ホロスコープなどで占います。どのような傾向の人生を歩むのか、またどういった運が生まれながらに強く、どういった運が生まれながらに弱いのかを判断します。

先天運は「オギャー」と生まれた瞬間の大宇宙の星の配置によって定まるとされ、人生の傾向を作ります。生まれた瞬間の先天の気が私たちの運命に流れ込み、運勢の土台を作るのです。生まれながらの家庭環境、生まれた国、性別、健康状態等の先天的環境がこれに当たります。(自分の努力では変えられない人生のスタート時点で与えられてしまった環境となって、自我が目覚めるまでの期間を支配します。)

しかし、例え先天運が良くても、生まれた時につけた名前が凶ならば、本来の先天運の良さを発揮する事ができず、また本人が成功の為の努力を怠ったなら、本来成就するはずのものも、成就せずに終わってしまう事もあり得るでしょう。

これとは逆に先天運が悪くても、努力を怠らずに人や社会によく尽くし、人々の幸せに貢献するような徳高き人生を送った人は、持って生まれた因縁を脱却し、天運に乗ることによって素晴らしく幸せな晩年を送る事も可能となります。

つまり、後天的努力で人の人生の軌道修正が可能となります。

大極と八卦の図

このように同じような星の元に生まれたとしても、その後の性格や運勢に変化が出てくる事もまた事実であり、名前も含めた生まれてからの人生の足跡(志・努力)による運を後天運と呼びますが、人の運勢は先天運と後天運が複雑に絡み合い、成り立っています。

印相法とは、九星気学や姓名判断を参考にしながら先天運と後天運を解明し、印鑑という小宇宙の中で凶あらば吉に、吉ならば大吉へと転換する事によって、後天運を切り開いていくものなのです。開運印鑑は人生の軌道修正のためのツールの一つなのです。

印鑑に込められた真実とは

印相学の真実についての解説

形あるものには全て【相】があります。人には人相があり、手には手相、家には家相があるように印鑑には印相があります。印鑑には使う人の名前が彫ってあり、印鑑を押す事により、法的な義務と責任、権利が発生します。(現実界で顕現する力の出現)

印鑑を押すということはあなた自身が法的に認めたという証明であり、言い換えれば私たちの社会において、人の言葉以上に信用と責任があるものと言っても過言ではありません。ついつい保証人の印鑑を押してしまったばかりに、財産を失う話もある程です。

印鑑はあなたの分身であり、あなたそのものなのです。

それ故印相の吉凶が運勢全般にに大きく関わってくるのです。印相が良ければ運勢は好転し、常に開運の幸運の気を受け続けます。これとは逆に印相が凶ならば運勢は衰退し、たえず凶運気を受け続けてしまうのです。開運吉相印鑑を持つ事の重要性はここにあるのです。

本物の開運吉相印鑑の仕組み

開運吉相印鑑について

開運印鑑は印面を一つの宇宙と見なし、天地自然の運行を360度の円の中に凝縮したもので、その中に名前を彫る事により、その人の小宇宙を形成するのです。

そして、篆書体すなわち漢字の源に近い、文字の霊力を持った字体を印相八方位に結び付け、運気の増大と調和を持つように印鑑作成します。これにより、見えない世界では運気が好転し、その人の人生が変わり始めるのです。

開運印鑑を持つ事によって、姓名判断による凶数を吉数に転換させ、先天運の中の弱い部位にプラスのエネルギーを補充し、さらに後天的に伸びる方向へと、運気そのものを強力にする事が出来るのです。

厳島神社と諏訪御柱

(注)簡略された現代文字には自然の霊力がないため凶相印となります。開運印鑑に使われる書体は篆書体を印相八方位に結びつけた【印相体】と呼ばれるものだけです。
(注)世の中の印鑑屋さんのほとんどが印相体での印鑑作成を行っていますが、これは開運印鑑ではありません。
ただ単に印相体という書体を使用しているだけで、これが開運印鑑となるには正しい鑑定に基づく吉凶判断、寸分の狂いもなく吉相とする技術、数霊術における大吉数の霊威を入れる技術と知識が必要になってくるのです。

世の中にもインターネット上にも多数の印鑑屋さんが存在しますが、全ての条件を兼ね備えた本物の印鑑屋さんは残念ながら一握りどころか、片手にさえ届かないのが現状であります。

開運印鑑は3本セットで揃えてください

開運印鑑は実印・銀行印・認印の3本がセットになっている事が大切です。

実印は使用しないからと実印を持たない人は【社会から全く認められない、位のない人】なのです。実際に実印を持たない人は、将来に対する明確なビジョンもない人がほとんどで、大した活躍は当然出来ません。周りの人をよく見ればこれが証明できます。うだつの上がらない人生を送っている人には三文判を実印としている人が多く、または実印がないために実印登録すらできていない人が多いのです。特に男性には実印は絶対必須のアイテムと言えます。

また、実印と銀行印を一緒にしている人も大勢いますが、実印と銀行印とでは大きさも彫り方も、また開運の意味合いも異なってきます。また二つの役割を1本の印鑑にもたせると、力が分散して良い結果は得られません。
印鑑は3本あって初めて人生のあらゆる運気が開くようになっていますので、必ず3本セットでお持ち下さい。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

【本家開運印鑑の殿堂】国際数霊印相学会

  • facebook
  • twitter

国際数霊印相学会オススメの開運印鑑

伝説の御蔵黄楊   薩摩本柘 三宝印   薩摩本柘植 実印・銀行印・認印   法人印鑑 三宝印   開運効果を上がる極上朱肉

必見!印鑑を選ぶ前に必ずお読み下さい

間違いだらけの印鑑屋選び   象牙神話の崩壊!!   水晶印鑑の問題点   印材の耐久性について   大自然の本柘植が運を開く

本を出版しました

国際数霊印相学会の鑑定師・彫刻師が書いた本 ★新書版:1527円 | Kindle版:489円

印鑑を買った人もこれからの人も、まずは法則を理解すること。これを読むと運が上がります。

国際数霊印相学会はヤフージャパンの印鑑カテゴリ登録店舗です
PAGETOP
Copyright © 国際数霊印相学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.