開運印鑑の作成・通販|素材・技術・効果にこだわった本柘印章専門店

印材とグレードの違い

薩摩本柘について

当店で使用している薩摩本柘は、九州最南端で採れる植林材です。

農家の方々に丁寧に育てられ、成長に合わせておよそ15年~30年で伐採され、本柘材に加工されます。

人に育てられている分、また樹齢も低いため木目は綺麗で、比較的整っています。見た目重視なら薩摩本柘をオススメします。

★薩摩本柘にも採れる部位によってグレードがあります。

  1. 幹の根元 同じ木の中でも一番強いエネルギーを宿している部位が幹の根元になります。ここから厳選して採れる材が印相極伝(男性専用の特注材)のみに使用される最上級グレード材になります。
  2. 特級素材(特選品) 幹の根元以外で最も上質な部位が特級素材になります。男女の薩摩上柘(特級)印相奥伝に使用されます。一般的に一番良いとされているのがこの特級クラスになります。見た目もとても綺麗です。
  3. スタンダード材 以前は当店でも廉価版に使用していましたが、現在はやめております。世の中で使われている安価な印鑑はほとんどこのグレードになります。他店で薩摩産と表記がない場合、例え本柘と書かれてあっても、それは中国や東南アジア産になりますので、オススメはできません。

御蔵本柘について

伊豆七島の御蔵島(みくらじま)でのみ採れる本柘が御蔵本柘(みくらほんつげ)です。

これは植林ではなく、完全に天然自然物になります。樹齢も70年~100年と高く、圧倒的な霊性を誇る希少素材になります。

樹木は100年もすれば神木扱いされたり、銘木と呼ばれるようになるため、プラスアルファの霊力を期待する方にはオススメの素材となります。

また樹齢の分、硬度もありますので「木のダイヤモンド」と評されており、他店の安価な素材よりもだいぶ長持ちします。

ただし、100年も厳しい自然にさらされていますので、木目にはバラつきがあります。いろんな色が混じっていたり、見た目にはワイルドな印象を与えるものもありますので、「完全に1本1本違う」と言えます。木目が均一ではないのが本来の自然木の魅力であるとご理解ください。

開運効果の違いについて

薩摩上柘(特級)と御蔵本柘は、印材だけの違いであり、作り方は同じです。使う秘伝も同じです。

しかし樹齢20年前後の植林材と樹齢100年の天然物では、樹齢に5倍くらいの差があり、当然比較になりません。御蔵本柘は霊木ですので、御蔵本柘の方が全てにおいて勝ることになります。

よって、女性用の場合は、【1】御蔵本柘>【2】薩摩上柘(特級)という順位になります。

男性用の場合は、大きさの総合的パワーに差がありますので、印相極伝が御蔵本柘を上回ります。【1】印相極伝>【2】御蔵本柘>【3】薩摩上柘(特級)という順位になります。

印相極伝は、別名【社長の印】と呼ばれており、経営者や独立志向の方に向いています。そのため、トップの座にふさわしい運気を特にプラスして作成します。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

【本家開運印鑑の殿堂】国際数霊印相学会

国際数霊印相学会オススメの開運印鑑

伝説の御蔵黄楊   薩摩本柘 三宝印   薩摩本柘植 実印・銀行印・認印   法人印鑑 三宝印   開運効果を上がる極上朱肉

必見!印鑑を選ぶ前に必ずお読み下さい

間違いだらけの印鑑屋選び   象牙神話の崩壊!!   水晶印鑑の問題点   印材の耐久性について   大自然の本柘植が運を開く

本を出版しました

国際数霊印相学会の鑑定師・彫刻師が書いた本
★新書版:1527円
★Kindle版:489円

まずは法則を理解すること。この本を読むと印鑑の効果が上がります。

待望の第二弾!

マイページ

マイページへのログインは下記をクリックして下さい。

【マイページ】

購入履歴の確認、登録情報の変更が出来ます。

未出荷分の配送先変更は自動的には反映されませんので、別途メールでご連絡下さい。

国際数霊印相学会はヤフージャパンの印鑑カテゴリ登録店舗です
PAGETOP
Copyright © 国際数霊印相学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.