印鑑には実印、銀行印、認印の3種類がありますが、それぞれの印鑑には特徴や得意分野があり、そのために大きさや彫り方にも違いが出てきます。

その中でも一番重要であり、また運勢的にも大きな位置を占めているのが【実印】になります。

現実的にみても、実印はお金の貸し借り、不動産登記、住宅の購入等、大きな契約の時に使う重要な印でありますが、運勢的に見てもやはり最も効力があるものなのです。

 

その意味は、人生上のあらゆる願いを叶え、人生の総合的な幸運を司り、目標を明確にする、というものです。

よく女性なので、「実印は使わないから」と実印を購入されない方もおられますが、これは大きな間違いなのです。

印鑑は現実的な面だけではなく、運勢に大きな影響を及ぼすものなのですから、使用するかどうかではなく、所持している事実に意味があるのです。

 

実際に実印をもたない方は、人生の目標も定まらず、社会的評価も受けにくい状況に追いやられます。

 

ですから、性別に関わらず、また使用頻度に関係なく、実印を所持することは、幸せな人生を歩む上で大変重要なことなのです。