印鑑の作成方法(芸能人の場合)

芸能人の方は必ずしも本名で活躍している訳ではありません。むしろ芸名を使う方が多いのではないでしょうか?

国際数霊印相学会でも何人も芸能関係者の印鑑をお作りさせて頂いておりますが、この場合は基本的に会社印や個人事業の印鑑を作る場合と同じ考え方になります。

スポンサーリンク

まずは本名の3本セットが必要

基本的な印相のルールとして、まずは芸能人であっても本名の3本セットが必要です。

本名でなければ役所への実印登録や銀行口座の印鑑登録はできませんし、芸能人であっても、仕事を離れれば本名での生活となるため、戸籍名での印鑑は必ず必要となります。

また芸名以前に自分の本来の運気の土台を作り、強化することが成功にもつながりますので、戸籍上の名前での印鑑三宝印は必須とご理解下さい。

芸名は会社名と同じ考え方

次ですが、【芸名=会社名】とお考えいただければ分かりやすいと思います。

会社を経営している方は会社名に応じた会社印を作り、業務上必要な印鑑を所持していますが、これと同じように芸名での印鑑が仕事上必要であれば、その名前で別途作ればいい訳です。(芸名での作成方法は、個人用印鑑と同じです)

一般的には銀行印は作らず、<芸名での姓のみの認印>や<フルネームの実印>で作る場合がほとんどです。
特にこれでなければいけない、というものではありませんが、実際に仕事の現場で、芸名での捺印が必要な印鑑のみを作ればよろしいでしょう。

仕事専用の別名印という形になります。

スポンサーリンク