個人用3本セットの重要性

自分で事業をしている方は、必ず個人用の実印・銀行印・認印の3本セットで揃えて下さい。

事業の運気は代表者の運気と連動していますので、印鑑で運勢の土台をしっかりと構築する必要があります。

個人の方の事業印の作り方

①役所に提出する事業届けは、個人の実印で済みますので、事業所名や店名の実印を作る必要はありません。

②組織名での銀行口座をお持ちの方は、法人用銀行印が必要です。個人口座を使用する場合は、個人の銀行印のみで十分です。

③領収書・注文書・納品書・請求書等に店名・組織名の角印を押す場合が多々あるかと思いますので、店名の法人用角印はあった方が何かと便利かと思います。

以上、個人事業の場合は、しっかりとした個人用印鑑3本セットと角印、必要に応じて銀行印があればよろしいかと思います。

例外・人を雇う場合や大きな組織

個人レベルでの事業の場合は上記に説明した内容で大丈夫ですが、事業が大きくなっていったり、人を雇う場合は代表印(実印)もあった方がいいケースもあります。

事業が大きくなると業者等との契約も多々あったりして、個人の実印では格好が付かない場合もあります。実際に法務局での印鑑登録はありませんが、実務上で実印が必要になるケースもあります。

登録のあるなしとは別に、実務上で代表印が必要な場合は、会社組織と一緒で3本セットがベストとなります。