世間では実印の一般的なサイズは15mm以上となっております。

そのため男性でも実印のサイズが15mmの方が大勢います。

特にこれでも問題はないのですが、夫婦の実印サイズのバランスを考える時に、どうしても支障が出てきてしまいます。

女性の実印で一番の大吉寸法が直径15mmだからです。

夫婦で同じサイズの実印を持つと、力が拮抗し、反発しあいます。それが夫婦のぶつかり合いとなり時には険悪のムードになったり、あるいは男性が力を失い社会的にもうだつが上がらなくなる、など運勢もイマイチとなる場合もあります。

やはり女性の実印は男性より一回り小さい方が全てうまく収まるものです。

以上の観点から当店では男性用の実印を16.5mm以上に設定しています。

もし既に旦那様が15mmの実印を所持しており、改印する気がない場合は女性の実印を13.5mmで作るか、男性用をなんとか16.5mm以上にしてもらうかの選択が必要になります。

本来なら16.5mm以上にした方が男性も女性も共に大吉になるのがそちらの方が望ましいのですが。。。