印鑑は自分の魂が宿る「自分の分身」ですので、大切に扱う必要があります。

「自分自身の大切なデリケートな魂」を扱うようなものだとお考え下さい。

そのように思えば雑な扱いはしなくなるものです。大切にするという優しい心は印鑑にプラスのエネルギーを補充してくれますので、ますます印相の効果も高まるというものです。

お花なんかも同じで、優しく大切に扱っていると元気に育つといいます。印鑑は魂ですからもっとデリケートなんだと思って下さい。

ですから基本的には自分の印鑑は自分で捺印すること。人には滅多に貸さないこと。実印登録のようなしょうがない時以外は絶対に人には押させないで下さい。

銀行でも自分で押す!と言えば押させてくれます(^^♪