印鑑の捺印でもっとも重要なことは、押すその刹那の心の状況です。

例えば忙しくせかせかした状況の中でいやいやながら捺印するとそのマイナス想念が印鑑に蓄積されてしまいます。そんなことを毎日していたらいくら開運の印鑑であっても効果は現れにくくなります。

印鑑に気が入るということは、その瞬間の想いが入るということなのです。

明るく、軽やかに、清清しく、感謝して押すのが運を開くこつです。