よくある質問の中に、「印鑑を買うのに一番良い時期はありますか?」というものがあります。
「現在厄年だけど買っても大丈夫か?」「天中殺だけど大丈夫か?」等。
こういう方は縁起をかつぐタイプで、時期や方位などよく調べて行動する人です。
慎重であり、また運勢について勉強された方でもあり、目に見えない不思議な力について認識している人でもあります。

印鑑は開運物、縁起物です。そしてこのような縁起物というのは、何か事を起こそうという時、または現在の不運から脱却したい時や更に向上したい時に求めるものではないでしょうか?

現在順風満帆で絶好調!という時にはなかなか求めるものではありません。
自分に足りないと自覚している時や、現実に不幸な時に開運の補助として購入されるのがほとんどだと思います。

厄年だからこそ、神社に詣で、祈祷を受けて守護を授かり、お札やお守りを購入するのと同じです。
印鑑はその人の守護印ですので、お守りを購入する、と思えばよろしいかと思います。
実際に印鑑は持ち主の運気を底上げするものですから、悪い時にはそれを乗り切るパワーを、良い時には更に向上する力を与えてくれます。

結論として、印鑑を購入するのに時期を悩む必要はありません。うまく行かないからこそ守護を頂くのです。厄年だからこそ印鑑で乗り切ると思った方が積極的な生き方と言えます。

悪い時に買うと悪い運気がつくなど思わないことが大切ですね。
もしそうだとしたら、前厄、本厄、後厄の三年間は何も購入することができません。食品を買っても厄年に買えば悪い気がついて病気になるのでしょうか?厄年に病院に行けば、悪い医者にかかり更に悪くなるのでしょうか?電化製品を買えば悪い気がついてすぐに壊れるのでしょうか?
よく考えれば分かることです。

私の方で印鑑そのものを大吉に仕上げますので、基本的に日取りによってその効果が薄れることはありません。大吉の印鑑は大吉なのです。