人の魂は大変デリケートだそうです。

よく魂が傷ついた、なんて言いますよね。魂が傷つけばガックリきて立ち直るのが難しいものです。

もともとは全ての魂は純粋無垢で穢れのない赤ちゃんのようなものだと。

そして純粋な故に正しい教育が必要なのです。

例えば小さい頃から良い教育・しつけを与えれば素直に育ちます。いわゆる育ちがいい。逆に悪い環境にいたり、親の愛情を受けて育たなかった人は、どこかに歪みがあるものです。

世間を知らない赤ちゃんや子供は、事の良し悪しが顕在意識の中で理解できないため、与えられたのをそのまま受け入れてしまうものです。

これと同じように純粋な魂、いわゆる潜在意識も同じです。

良い教育や指示を与えれば、それを実現する力があります。

これが昔より成功者の間で語り継がれている「思考は実現する」という意味です。

常に成功をイメージして、プラスの想念を保ち続ける人は必ず成功します。

逆に「ダメなんじゃないか」「どうせ俺は」「いつもこうなる」とマイナスに思っている人は、そういう思考を魂に焼き付けて生活しているので、当然そのようになるのです。

人の思考がある方向を向くとそこにエネルギーが集中し実現させようとします。これが潜在意識の力です。

普段考えている事、そのものがその人である、とアメリカの思想家であるエマソンも語っています。

あなたは日々何を想い、何をイメージし、何を語っているのか?

表向きの自分の身なり、行動に気を遣っている人はたくさんいます。

しかし、どれだけの人が自分の思考に気を遣っているのでしょうか?

普段から自分の思いそのものを監視し、常にプラスにイメージし直す訓練が実は最も大切な努力と言えます。

印鑑の国際数霊印相学会