地球にはそれぞれ地域に応じた特有のエネルギーが発生しています。

風・水・光・温度・磁力・太陽からの距離や角度など、多くの自然要素により異なった気候や風土が発生し、それにより人種や文化、考え方の違いが表れます。

例えば日本では隣近所との境界線を示す塀や柵がないのは家相上凶相とされていますが、アメリカに行けばビバリーヒルズなど有名人の防犯のために塀があるだけで、セレブの特定地域以外は塀はほとんど見かけません。

家の素材も日本では木造が大吉相とされますが、世界の別地域に行けば、その土地特有の素材を使用します。石・土・レンガなど。。

日本では神様が宿る神社は必ず木造ですが、海外に行けば石であったりします。

つまり土地特有のエネルギーや自然環境に基く最適の文化があるわけで、あるところでは常識であっても、別では非常識になり、しかしどちらも正しいと言えるのです。

これは神社などの神聖なる宗教的分野でも、全く異なるわけで、実は占いにおいても同じことが言えるのです。

(つづく)

【本家開運印鑑の殿堂】
印鑑の国際数霊印相学会