添加物がどっさりの現代の食事

衝撃の必読書がありましたので、紹介させて頂きます。

過去に何度か食品添加物の記事を書かせて頂きましたが、添加物製造会社の元トップセールスマンが明かした、「食品の裏側」というベストセラーがありますので、是非読んで頂きたく紹介いたします。

加工食品やファーストフードが大好きな方もこれを読んでから食べた方がよろしいかと思います

内容の一部を紹介しますと、

★コンビニでサンドウィッチを食べると、既に30種類の添加物を食べてしまっている。

★コンビニ暮らしの人は、60種類から70種類の添加物を毎日採っている。

★大手メーカーの某有名オレンジジュースは虫をすり潰した色素で色づけしたもの。

★コーヒークリームには乳製品は入っていない。油と水を界面活性剤で混ぜ、7~8種類の添加物で味付けしたもの。

★ミートボールは、牛の骨から削り取ったドロドロの肉とも言えない物質を30種類の添加物で味付けしたもの。

★スーパーの激安商品はそのままでは使えない、捨てるしかない廃棄物を添加剤で蘇らせたもの

等、これがメーカーが隠している、食品の事実です。

これを皆さん知らずに、「安い安い」と買って毎日食べているのです。いろいろな病気になるのも当然です。
売れるからどんどん作る、完全な悪循環です。

最終的に選ぶのは消費者です。しかし、その事実を知った上で選んでほしいと思います。

特に現在病気で悩んでいる人は、食品添加物を減らさなければその病気は治りません。

病気の根源は化学物質の過剰摂取にあるのですから。。。

【食品の裏側】みんな大好きな食品添加物  安部 司 著