先日ある工場直売で有名な「シャト○○ゼ」のシュークリームを頂きました。

商品には【無添加】と書かれ、健康である旨が強調されていました。いつものように^_^;裏面の原材料を確認します。
確かにほとんど悪いものは使われていません、、たった一つを除いては。

ほとんどの人はここで誤魔化されてしまうでしょう。

その一つが【ファットスプレッド】です。

これはマーガリンの一種でトランス脂肪酸です。

2006年よりニューヨークで外食産業での使用が規制され、カリフォルニア州では全面禁止、他スウェーデンやブラジル、韓国をはじめ世界的規模でトランス脂肪酸の規制が進んでいる中、日本のみが全く無関心を装っております。

この国はいつになったら変わるのでしょうか?

トランス脂肪酸を禁止するだけで今ある病気の半分はなくなるのではないかと私は思っています。

外国の加工食品は大概「Trans fat Free」と謳われており、どこのメーカーも危険なトランス脂肪酸はうちの商品には使われておりません!と宣伝しているくらいです。

しかし日本では、お菓子や加工食品、菓子パンにいたるまで、堂々とマーガリン、ショートニングが入っており、最近ではファットスプレッドがかなり流行ってきております。

次々と新しいものが名前を変えて登場し、消費者の健康を損ねるような業界にはうんざりですが、その辺も含めて消費者が世界的基準の知識を身につけるしかないのでしょうか?

印鑑の国際数霊印相学会