平成から令和へ

今はゴールデンウィーク休業中ですが、ブログを書かせていただきます。

本日は2019年4月30日(火)、平成の最後の日となります。

私は昭和生まれなので、昭和から平成への移り変わりを経験し、そして今新しい元号【令和】の時代を迎えようとしています。

令和という元号は、最初は全く予想してなかった文字の組み合わせだったためピンとくるものがなく、どこか不思議な雰囲気を感じていたのですが、発表から1ヵ月した現在は既に馴染んでおり、むしろ美しい響きで新しい良き時代を期待させてくれています。

天皇陛下は本日で退位します

天皇陛下と言えば、私は一度だけお会いする機会がありました。

今から遡ること9年前、2010年の夏です。

天皇皇后両陛下と握手

私はこの日、幸運にも天皇皇后両陛下と同じホテルに同じ期間滞在することができました。

これだけでも一生の思い出になる話なのですが、さらに両陛下と対面し、握手をさせていただくことが許されました。

最初は天皇陛下と、さらに続いて美智子皇后さまと。

天皇陛下の手は、柔らかくて意外とふっくらしており、温かさと優しさに満ち溢れていました。本当に優しい感触です。

美智子さまは白くて、これまた優しい、繊細な手と指が印象的でした。

このような光栄な機会をいただき、通常なら「握手できて嬉しい!」といったところでしょうが、私は手に気を集めて感謝と共に「両陛下の健康と幸せの祈りを込めて」握手させて頂きました。

本当に不思議な感覚です。

私は伊勢神宮に行くと塀の向こう側、玉砂利の中に入れさせていただき御垣内参拝をするのですが、その時の感覚と似ています。

以前にビートたけさんが、「ここに来ると感謝しか出てこない」と話していましたが、そんな感じですね。

九星の星回りからすると、丁度その時から星が一巡して平成最後の日を迎えたわけで、どこか運命的なものも感じています。

明日から令和の時代が始まりますが、天皇皇后両陛下が退位後も、いつまでも健康で幸せに長生きしていただくことを、心からお祈りしたいと思います。