CATEGORY

ブログ

御蔵本柘の激安【訳アリセール】を実施します(終了しました)

当社で最も人気の一つである御蔵本柘3本セットの【訳アリセール】を実施することになりました。 9/26に全て完売しました。 訳アリセール品とは 御蔵本柘は天然自生の樹木です。いわゆる野生の木ですね。人の手が一切入っていないため、木目はまばらになりやすいのです。 さらに樹齢100年前後のため、色が不揃いになりやすく、節 […]

印鑑納期の短縮に向けて

現在の印鑑の納期は、例外を除いて約4~5ヶ月ほどとなっています。 もちろんかなり先の納品となりますので、その期間内に1~2回は大型連休が入ったり、私の予定もありますので、納品にもだいぶ変動が出ます。 また意外と作成が速く進むこともあり、人によっては「思ったよりも早く届いた」という方もいます。 よって、納期はあくまで […]

ローマでの王室晩餐会に出席

9月末から10月上旬にかけて、ローマへ出張に行ってきました。 騎士団の年次総会への出席やイタリアの工芸・建築・職人技術などの視察が目的です。 そしてメインの行事の一つはイタリア王家晩餐会への出席。場所はローマの中心地ヴェネツィア広場の近くにあるPalazzo Colonna(コロンナ宮殿)でした。 上記写真の通り、 […]

廉価版の薩摩上柘の販売を終了

当店の本柘のランクは4種類ありました。 樹齢百年の霊木である、御蔵本柘 薩摩産のスタンダード材である、薩摩上柘 薩摩産の特選素材である、薩摩上柘(特級) 幹の根本から採る、希少な長寸材。富裕層向けの男性専用印相極伝 私の生み出す印相の中でも、特にオススメなのが薩摩上柘(特級)、御蔵本柘、印相極伝になります。 この薩 […]

プレミア12日本vs韓国~明暗を分けた監督采配

一瞬にして勝利を失った侍JAPAN 昨夜の国際野球大会「プレミア12」は東京ドームで行われたため、4万人の大観衆で埋め尽くされ、完全なホーム状態でした。準決勝の日本vs韓国ですから多くの方がテレビの前に釘付けになったことでしょう。 先発の大谷投手の圧巻のピッチングにより、なんと6回までノーヒット・ノーランのペース。 […]

開運印鑑は存在する

最近、「開運印鑑にご注意!」とか「開運印鑑はインチキだ」なんていうブログがあるようです。いろいろ検索して「むむむっ」と思って読んでみると、普通のハンコ屋さんが書いているブログでした。 まあ無理もない話です。 開運印鑑が流行ると普通のハンコ屋さんにとっては打撃でしかありません。 開運印鑑では印材を厳選しますし、書体も […]

印鑑に保証は必要か?

一般の印鑑屋さんでは、印鑑に保証を付けている場合が多いです。 これは全日本印章業務会が設定している保証で、個人・法人ともに、登録されている実印と銀行印にのみ適用されます。(5000円以下の印鑑は保証外) 認印も使用頻度が高いため、保証外ですね。。。(既に意味のない雰囲気が。。。実印や銀行印は滅多に使用しませんから) […]

FM TOKYOの収録に行ってきました

昨日はラジオ番組のゲスト出演ということで、赤坂のスタジオでの収録に行ってきました。 FM TOKYOで土曜日の夕方に放送されている「古書店 欅堂の週末」という番組です。番組といってもメインの番組の途中に流れる5-6分の番組になります。 住友林業さんの提供で、木や森に関することがテーマとなっております。 舞台のなるの […]

プロのホームページ

最近は全く見てなかったのですが、今日参考までにいろんな印鑑屋さんのページを見て回ってみました。 ホームページのデザインの進化には目を見張るものがあります。「プロに頼めばここまでのページができるのか?」と驚くばかりです。 国際数霊印相学会は全て自社管理ですので、外部のプロには頼んでいません。頼めば相当インパクトのある […]

日米友好祭2012

東京福生市の米軍基地(横田基地)で日米友好祭2012が行われました。 週末土日の開催でしたが、私は昨日(8/19)行って参りました。 大学生の頃からアメリカに憧れ、FEN(米軍ラジオ)を聞いて育ったので、一度は行ってみたいお祭りでした。 日本の中のアメリカである基地に正式に入れるのはこの時しかありません。 案内には […]

新年の挨拶

新年明けましておめでとうございます。 国際数霊印相学会も年末年始はとても忙しく、納期にもだいぶ狂いが出てしまい、ご迷惑をおかけしております。 といいながらも、まだまだ年末受注分の発送は全部終わっていません。来週でようやく去年ご注文頂いた分が出荷できるかなーといったところです。 今年になってからご注文いただいた方もだ […]

印鑑の選び方

印鑑の選び方には質を優先する方法とサイズを優先する方法がございます。 女性用印鑑はサイズが一つですので、薩摩上柘か薩摩上柘(特級)かの二つしか選択肢がありませんが、男性用はサイズがたくさんありますので、迷っておられる方も大勢いるのではないでしょうか? 基本的には品質がよく、サイズが大きい程エネルギーが強いので、開運 […]

巷の占い師⑥

そもそも画数が運勢の全てを表すわけではありません。 画数というのは姓名判断の一部であり全てではないのです。 画数の中では24画や31画は大吉ですが、姓名判断の他の要素が凶であるなら、総合的に大吉にはならず、さらに生年月日との組み合わせの五行が悪ければ、例え24画や31画でも大凶になることすらあるのです。 この全てを […]

巷の占い師⑤

巷の占い師の常套手段はいつも決まっています。 ほんと単純です。お客さんは自分だけに言われたことしか知りませんが、全員に同じことを言っているのです。 「24画にしましょう。31画で結婚運をあげましょう。」と。うちに来るお客様が全部教えてくれるので私は知っていますが、結局は皆そんなレベルのことしか言っていないのです。 […]

巷の占い師④

占い師に観てもらって印鑑を作ると画数のことしか言われません。 「20画で凶だから結婚ができない。31画の印鑑にしましょう!」と。具体的に言われるとそうかなーと信用してしまいますが、ここが問題なのです。 文字にはそれぞれ可能な増画と不可能な増画があります。当然です。文字には限界があるのです。 例えば 一(はじめ)さん […]

巷の占い師③

占いを観て印鑑を勧める場合は、姓名判断の場合がほとんどのようです。画数をみて、「あなたの画数は悪いから印鑑によって画数転換をしましょう!」といった感じですか。。。 こういう占い師が多いので当店にもたくさんの間違った質問がきて、結構疲れます^_^; いちいち「あなたが聞いたことそのものが間違ってますので、まずは全て忘 […]

巷の占い師②

昨日の続きです。 占い師に運勢を見てもらってから高額な印鑑を勧められる場合は100%外注です。 印相は開かれた占いではありませんし、鑑定はできても印鑑は普通は作れません。また篆刻文字にも知識が全くない場合がほとんどです。 以前占い師に印鑑作成を依頼されたときも、「私は全く印鑑は分かりませんので、100%お任せします […]

巷の占い師

マスコミでも話題になったりしていますが、占い鑑定を受けに行って高額な印鑑を勧められるケースがよくあり、注意が必要です。 いわゆる印鑑商法ですが、基本的には占いを観ることよりも「いかに印鑑販売に結びつけるか」に執着してしまっているのが現状です。 鑑定はそれなりにしっかりと観ますが、最終的には「このままだと結婚できない […]

強くしたい運

当店では注文時にご要望等を備考欄ご自由に書いて頂いております。 ただし書くときには【印鑑は一時的なものではない】という大前提をご理解ください。 人は目前の欲求や悩みに心を奪われるものですが、それは今だけの問題かもしれません。印鑑は何十年も使用するものですから、人生全般の願いが一番よろしいかと思います。 印鑑はひとつ […]

何故か売られる水晶印鑑

開運印鑑とは名前ばかりのものが蔓延っています。 水晶は平成になってから盛んに売られるようになってきましたが、これは一言で言えば売上アップのための【新商品】戦略でしかありません。 そもそも印祖の文献にあれほど忌み嫌われた水晶がなぜ現代に吉材になり得るのでしょうか? 歴史的事実を踏まえればよく分かることです。このような […]