CATEGORY

姓名判断

印鑑を通しての変容

ブログでもいろんな記事で紹介し、さらには著書においても詳しく解説しているが、同じように質問が後を絶たないため、改めてブログに書かせていただきます。 ※著書「印鑑は最強開運ツール」を読めばほぼ質問は沸いてこないようになっていますので、まずはご一読されることをオススメします。 あれだけのことを知れば印鑑との相性も最大限 […]

印鑑の画数について

増画法の続きになりますが、一般の開運印鑑と呼ばれるものは、画数を合わせるだけです。例えば、14画の名前の人を24画にするとか、20画の人を31画にするとかです。 結局はその程度の知識しかないから、そこにこだわるわけです。また一般には女性には23画や33画は強すぎてよくない、と言われているため、その辺の画数の場合は2 […]

増画法について②

昨日のつづきです。 増画法によって印鑑の中で画数を増やしても開運しない場合が結構あります。無理もありません、画数の運勢に占める割合は、みなさんが思っているより相当低いのですから。 一般の印鑑屋さんや占い師は、「印鑑で24画にすれば開運する。」「あなたは31画がいい。」などともっともらしく振る舞い、お客さんも24画や […]

増画法について

印鑑で開運に導く秘伝の一つに増画法という技法があります。 あくまで秘伝の一つですが、世間一般ではこれだけが一人歩きしてしまっているのが現状です。いわゆる画数転換とも呼ばれ、これが印鑑に改名効果がある理由ですと。 実際にその通りではありますが、増画とは文字通り、画数を増やすことです。印面の処理において増やすのですから […]

文字本来の力

最近ではどこの印鑑屋さんでもネット通販を始めるようになってきました。それとともに全く誤った自称印相家も増え、ますます混乱を招いているのもまた事実です。 文字にはもともと力があります。それは画数でもあり発声する音そのものでもあります。 画数には新字体と旧字体の二つがありますが、これはどちらで書いても、またどちらで彫っ […]

画数は旧字で取る

姓名判断の基本的事項になりますが、画数とは本来使用されてきた旧字体の画数で鑑定するのが正しい方法です。新字体と旧字体で画数が違う場合でも運命上の吉凶は旧字の意味が出てくるのです。 例えば恵という字ですが、そのままですと10画ですが、旧字は惠となるため12画です。そして普段は10画の恵を使用したり書いたりしていても、 […]

生年月日も重要

生年月日は運勢上最も重要なファクターです。 四柱推命やホロスコープなどがそうですが、名前が分からなくても生年月日だけで細かい運勢から容姿の特徴まで出せるほどです。姓名判断、特に画数だけでは絶対に取り出せない情報と言えます。 それにも関わらず、巷の霊感商法では姓名判断というより画数のみで印鑑を作っているのですから、ま […]

画数志向の過ち

過去何度にもわたり、画数だけに固執する過ちには書かせていますが、それでも当店に同じような質問が連日届きます。 巷の占い師は画数でしか判断ができないため、そこにこだわるのです。だから31画で印鑑を作ればいいとかで、もっともな意見を述べるのです。 しかし何度もいうように画数のみでは開運はしません。五行の組み合わせが悪け […]

画数の問題

画数はもっともメジャーな鑑定法ですが、画数はそもそも姓名判断の一部でしかありません。 ですのでこれだけで印鑑を作るとどうしても中途半端になってしまうのです。 日本全国の自称開運印鑑屋さんでは、ほとんど90%以上は画数のみでしか観ていないのが知られざる裏事情です。 姓名判断だけみても画数がよくても五行が悪ければ運勢は […]

印相は画数ではない

当店には多くのお客様から連日質問が寄せられますが、一番厄介?なのが他の店舗で「あー言われた、こう言われた。本当はどうなのでしょうか?」というものです。 一般の印鑑屋さんでは鑑定と言っても画数を調べて、増画法で何画にしましょう!という初歩的レベルでしかありませんが、自信を持って言われると「そうなのかー」と思ってしまう […]

言霊(音数)が運を左右する

前回は画数のみで判断する占いが、いかに中途半端であるかを書かせて頂きました。 日本人は何故か画数が好きです。単純に吉凶が判別できるからでしょうか?しかし適度に楽しむレベルならそれでも構いませんが、運勢に影響があり、また一度購入すれば何十年も使用する印鑑を画数判断で選ぶのは大変危険であると謂わざる得ません。 現在ある […]

姓名判断①-④のまとめ+α

前回までに書いたまとめになりますが、要するに一般の画数のみの判断では、表面上の傾向くらいのものしか分からないということです。 また画数のみの数字の吉凶が、本当に吉の作用を及ぼすのか、または逆に凶の作用を及ぼすのかは、生年月日やその他の要素とのバランスで決まるため、内容次第では画数は吉なのに、実際には不幸に陥ってしま […]

姓名判断の過ちについて④

過去3回に渡り、姓名判断について書かせて頂きました。 その中で、画数のみの判定は実は曖昧であるということ、同じ画数でも吉凶は分かれること、生年月日が違えば同姓同名でも運勢は別物になること、音の種類によっても運勢は全く変わってしまうことを書かせて頂きました。 これを読んで頂ければ、今まで皆さんが見て来た【画数のみの判 […]

姓名判断の過ちについて③ 音の秘密

姓名判断というのは実は奥が深く、画数が一派的にポピュラーになってしまっていますが、画数のみの判断は表向きの傾向でしかありません。 必ずしも吉の画数の人が運がいいとは限らず、逆に凶の人が不幸とも限らない理由は前回書かせて頂きました。 今回は音の秘密について少し書かせて頂きます。 実は音というのが姓名判断において、かな […]

姓名判断の過ちについて②

前回は姓名判断の画数のみによる判断の過ちについて書きました。 画数には数字の霊威が宿りますので、確かに一般に言われている数字の傾向は出たりしますが、必ずしもそれが吉凶には結びつかない場合も多いのです。   現に30画や20画の、いわゆる大凶の画数でも幸せな人生を送っている人はたくさんいます。逆に24画や3 […]

姓名判断の過ちについて

姓名判断は日本でもっともポピュラーな占いであり、また皆さんが大好きな占いのようです。 自分は何画だから大吉とか、人格が何画だとか、20画だから悪いとか。。。 でもこのように画数だけで判断する方法は、実は姓名判断の表向きの要素の一つでしかありません。 よく朝のテレビ番組で星占いコーナーがありますね。今日のてんびん座の […]