CATEGORY

よくある質問Q&A

女性用の実印②

続き。。。 フルネーム実印が男性用の彫り方だとすると、女性がフルネーム彫りをした場合に男っぽさが出てきてしまうのです。またそういう女性ほどフルネーム印を持ちたがる傾向もあります。 女性なのに男性用の彫り方をすると不自然が生じます。 姓名彫りの悪い点としては、強すぎる、傲慢で勝気、男性と折り合いが取れないために煙たが […]

女性用の実印①

女性用の実印は名前のみで作成するのが基本となります。 よく「フルネームではいけないのですか?」、「名前だけの印鑑は初めて知りました。名前のみで大丈夫ですか?」、「離婚をして一家を背負って生きていかなくてはなりません。フルネームの方がいいですか?」、等多くの質問が寄せられます。 まずフルネームの女性用実印は、一般のハ […]

旧印鑑の処分方法

ご購入される方、されない方に限らず古い印鑑の処分方法についての質問が後を絶ちません。 基本的には処分方法も秘伝の一つのため、印鑑ご購入の方のみに説明書で印鑑に添付してお送りしております。 よく印鑑供養などをやっている神社やお寺を見かけますが、正しい方法で行っているところも少ないようです。中には印鑑業者で納骨堂みたい […]

印鑑を購入する時期

印鑑を購入するに良い時期ってあるのでしょうか?よく「大殺界だから購入をためらいます」という方もおられます。 結論から言いますと、印鑑を購入する時期は特に見る必要はありません。よく「運が悪い年だから控えた方が良い」とアドバイスしたり、またそのように考えてしまう方もおられますが。そのようにしたらその年は運が悪いまま過ご […]

印鑑の兼用は?

一家の銀行口座はご主人名義、しかし実際に管理するのは奥様。よくある家庭のパターンですが、このような場合はどのようにするのでしょうか?という方も結構おられます。 これは基本的に印相という考え方を信じるかどうか、という話になります。 印鑑を単なるはんことして一つの事務的ツールとみるなら、一家に1本で済んでしまいます。 […]

仕事用の印鑑

印鑑は3本セットが基本ですが、その中でも認印の使用頻度が大変多くなります。 特に仕事で頻繁に使う人jからは、私用と仕事専用とに分けたいけど大丈夫ですか?という質問も多々寄せられます。 結論からいうと全く問題ありません。 実印は1本のみですが、銀行印と認印は2本くらいなら所持しても大丈夫です。 3本セットに追加で仕事 […]

印鑑に彫刻する名前

画数の問題などで通常使う名前と戸籍の名前を別名にされている方も大勢いるようです。またはひらがなやカタカナを漢字にしたり、逆に漢字をひらがなにする等。。。 この場合印鑑に彫る名前はどのようにすればよろしいかと悩む方もいらっしゃいます。 しかし印相では印鑑に彫る名前は、【戸籍上の本名】というルールがあるのです。 「名前 […]

一文字の印鑑

女性で名前が一文字の方やひらがな、カタカナの方が「これで開運印鑑って作れるのでしょうか?」という質問が来たりします。 結論から言えば、どのような名前でも、例え英語であっても開運印鑑は作成できます。 結構一文字の名って多いものです。カタカナやひらがなの人も周りにいますよね? もし不可能なら日本人女性の1/5は開運印鑑 […]

ハンコ屋の反撃?

最近腹立たしいサイトを見つけましたので、ちょっと書かせて頂きます。(何を書いてもネットでは自由ですが、あまりにもお粗末で馬鹿馬鹿しいので書かせて下さい。。。) Google検索でアドワーズ広告というものがあります。広告費を支払って検索上位に自分のサイトを表示してもらうサービスですが、ここに「開運印は全てインチキです […]

印鑑の使い分け

よくある質問なので、お答えさせて頂きます。 この書類にはどの印鑑?この書類には?と一つ一つの書類に押すべき印鑑を聞かれる方がいますが^^;、厳密にはそこまで印相で決まっている訳ではございません。 世の中には無数の書類が存在していますので、全てを特定しているわけではないのです。 大まかなレベルでその目的にあった印鑑を […]

文字について

印鑑に使用する文字は篆書体を印鑑用にアレンジした印相体と言われるものです。 この書体は現代の新字体とは異なり、全く読みづらいものも多々あります。 お客様から「ここはこうなる」「点がつく」「こっちが長い」等の指示がある場合もあるのですが、実際には彫刻する文字は新字体から完全に変化するものであり、それらの概念は当てはま […]

印鑑ケースについて

印鑑ケースの吉凶もよく聞かれますが、基本的にはお好きなものをお使いになられるのがよろしいかと思います。 「印鑑は植物性のみなのに、何故印鑑ケースには皮を使うのか?」という方も年に何人かおられます。 それではその方はどのようなケースを使っているのでしょうか?皮でない印鑑ケースはなどほとんどありませんが。。。 そもそも […]

実印の保管

実印は普段はどのように扱えばよいのですか?という質問がよく来ます。 実印は役所に登録する大変重要な印鑑ですので、持ち歩かずに家で保管して下さい。なくしたりしたら大変ですので。。。 実印は印鑑登録することが大切で、登録することにより効力が社会に広がると思ってください。 ホームページを検索エンジンに登録することによって […]

結婚前の印鑑作成?

■よくある質問 Q: 近々結婚して名前が変わりますが、結婚後の名前で先に作ってもよいでしょうか? A: 問題ありません。あくまでもその名前での大吉になるように御作りします。 ●しかしただ単に付き合っていて結婚までは分からない、という場合はお勧めしません。結婚の段取りが進んで確実な場合のみがよろしいかと思います。 結 […]

子供の印鑑

お子様のご印鑑を考える時にサイズについてお困りになるケースが目立ちます。 まだ幼いのでどの寸法を選べばよいのか?と。 結論からいいますと子供とか大人とかは一切関係なく、1人の人格としてみてあげることです。子供といえども、小さい期間は僅かなもの。20歳を過ぎれば立派に社会に出て行くのです。 また親子間の寸法差を考えれ […]

印相鑑定書

当店では全ての印鑑に印相鑑定書を発行しておりますが、たまに誤解されている方もおられるようですので、再度書かせて頂きます。 印相鑑定書とは、作成した印鑑が正しい印相によるものであることを証明するものでありますので、運勢鑑定書ではありません。まずここをご理解下さい。 また他のほとんどのお店ではスタッフが試し押しをし、鑑 […]

一番重要な印鑑は?

「印鑑の購入を検討しているが、1本ならどの印鑑がベストですか?」という質問をよく受けます。 ホームページにも書いてございますが、実印・銀行印・認印にはそれぞれ意味があり、それぞれの特徴を最大限に発揮するために特定の寸法と彫り方があります。 ですから結論としては3本セットがベストとなります。それでも予算の関係で・・・ […]

印影プレビューの盲点

何年か前から、普通のハンコ屋さんを中心に「印影の事前プレビューサービス」というのが始まりました。これは彫る前に、この印影で良いかどうか、お客様に確認するサービスです。 一見良いサービスに聞こえますが、ふと疑問がよぎります。 そもそも開運印鑑は篆書体という特殊な文字を起源にした印相体を使用します。これは現代文字とは違 […]

お子様の印鑑の寸法

ご家族で印鑑をお求めになる場合の家族内での印鑑の寸法について、お答えさせて頂きます。 基本的には、【男女】で寸法を分けて頂ければ結構です。年齢や大人子供等は関係ございませんので男女のみで分けて考えて下さい。 基本的に当店の3本セットの組み合わせはベストになっておりますので、3本セットをそれぞれご購入いただければ、男 […]

事業にはまず個人印を

会社を経営されている方にアドバイスさせて頂きます。会社の印鑑を大切にすることは当たり前ですが、経営者は個人の印鑑も大切にする必要があります。 何故なら、会社の運気は、イコール経営者の運気と連動しているからです。 会社の鑑定は会社名と設立年月日でみますが、それだけではどうしても割り切れない部分も出てきます。それは会社 […]