CATEGORY

方位学

GWは4月の月盤です。

 もうすぐGWに入りますが、方位学では旧暦でみるため、月毎の暦ではなく節入りを基準とします。5月の節入りは5日の23:42ですので、5日までに出発される方は、節入り前ですので5月ではなく、4月の月盤で吉凶を見るのです。 前回は年盤で東北と西南がダメと書きましたが、旅行には月盤も影響しますので、両方を見なくてはいけま […]

今年の悪方位

ちょっと書くのが遅かった^^;のですが、ゴールデンウィークも近いので方位学について書かせて頂きます。もしもう絶対に変えられない海外旅行等を組まれている方には見ない方がよい場合もありますので、そのような方はこの下は見ないで下さい(^_^.) ※ハワイ、アメリカ、ヨーロッパに行かれるかたは大丈夫です。それ以外はまだ旅行 […]

磁北と真北②

磁北と真北の続きです。。。 方位学の鑑定の際は必ず真北で北を取ることは過去に何度も書かせて頂きました。 ところで家相や風水の場合はどうなのでしょうか?現在活躍中の占い師はほとんど磁石を使用して方位を割り振っています。しかしこの方法だと確実な北はそれません。当たりまえのことですが、近くに車が一台停めてあっただけで、方 […]

磁北と真北

家相や風水、方位学をみるときに基準となるのが北の位置です。 どの占いでも共通しているのが、北を定め、次に方位を割り振っていく方法ですが、北の取り方にも真北派(地図上の真北)と磁北派の二つに分かれます。 方位学に限って言えば、長い距離の動きの中での気の影響ですので、必ず真北で見なければいけません。それぞれの磁場の偏差 […]

方位学の北の取り方

方位学はまず正確な北を取ることから始まります。地図は全て北が基準であり、そこから東西南北を分けていきますので、北がズレてしまったら、方位全体がズレることになるのです。 北の取り方ですが、占いの世界には真北と磁北という二つの考え方が存在します。 真北は北極星を基準とする地図上の北で、磁北は磁石で計測した北になります。 […]

九星の星の算出法

昨日は、7月が本年度【最高の吉方位】が取れるということを書かせて頂きました。 ところで、自分がどの星に該当するのか分からない人のために、気学の基本的事項ですが、書かせて頂きます。 占いの世界では、2/4の立春に始まり、2/3の節分までを1年と取ります。そのため同じ平成21年生まれでも1月31日生まれと2/6生まれで […]

7月は大吉方位が狙える月です!

九星気学の方位で大吉の方角に行くと、強力な開運効果が得られます。 気学には一年の星の動きを示す年盤と月の星周りを示す月盤がありますが、今月はその二つの盤が同じ動きを示す(同会する)一年に一度の月であります。 この同会が起こると、吉方位を選んで旅行するだけで通常の50倍もの開運効果が現れると言われていますので、お時間 […]